音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

THE BEATNIKS、手練れのメンバーと新旧ナンバー披露

149

THE BEATNIKS

THE BEATNIKS

高橋幸宏鈴木慶一によるTHE BEATNIKSが、昨日5月11日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて最新アルバム「EXITENTIALIST A XIE XIE」のレコ発ライブを開催した。

ライブにはアルバムのレコーディングにも参加したゴンドウトモヒコ(Euph, Tp, Glo)、砂原良徳(Key)、矢口博康(Sax, Cl)をはじめ、白根賢一(Dr)、高桑圭(B, G)、堀江博久(Key)、永井聖一(G)という面々がサポートで入り贅沢なセッションを繰り広げた。プレイヤー1人ひとりのシルエットがスクリーンに投影されたのち、ライブは「鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章」でスタート。続いて「River In The Ocean」が演奏されると、懐かしのナンバーにオーディエンスは大いに沸き立った。

その後、高橋と鈴木はアコースティックギターを弾き、息の合ったハーモニーを聴かせながら「Brocken Spectre」を披露。中盤ではTHE BEATNIKS用に制作されたが、高橋と鈴木それぞれのソロ作品に収録されることになった幻のナンバー「Left Bank」がプレイされ会場を盛り上げていた。

ニューアルバムの収録曲と過去の楽曲を織り交ぜつつライブは進行し、後半戦に差し掛かった頃、高橋の「ドカーンとやりますよ!」という宣言からニール・ヤング「I've Been Waiting For You」のカバーへ。客席がほどよく温まった頃、高橋はドラムセットの前に座り、白根とのツインドラムで「Ark Diamant」「Dohro Niwa」を熱演した。本編のラストはコミカルでダンサブルな「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」。にぎやかな余韻を残して本編は終了したが、アンコールで2人は「Unfinished Love ~Full of Scratches~」を投下し会場の空気をクールダウンさせる。しかし、最後は高橋が「最後はやっぱり景気よく!」と煽り、鈴木が「私ははっきり言って聴き飽きた……」と語る「TOTAL RECALL」でライブはフィナーレを迎えた。

なおTHE BEATNIKSは8月14日に東京・Billboard Live TOKYO、23日に大阪・Billboard Live OSAKAで単独公演を行うことが決定している。

THE BEATNIKS「THE BEATNIKS Live 2018 "ビートニクスがやってくる! シェ! シェ! シェ!”」2018年5月11日 EX THEATER ROPPONGI セットリスト

01. 鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章
02. River In The Ocean
03. Go and Go
04. Brocken Spectre
05. Inevitable
06. Now And Then
07. COMMON MAN
08. Left Bank
09. Softly-Softly
10. ほどよい大きさの漁師の島
11. BEAT印のDOUBLE BUBBLE
12. ちょっとツラインダ
13. No Way Out
14. I've Been Waiting For You
15. Ark Diamant
16. Dohro Niwa
17. シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya
<アンコール>
18. Unfinished Love ~Full of Scratches~
19. TOTAL RECALL

THE BEATNIKS Billboard Live 公演

2018年8月14日(火)東京都 Billboard Live TOKYO
[1st STAGE] OPEN 17:30 / START 18:30
[2nd STAGE] OPEN 20:30 / START 21:30

2018年8月23日(木)大阪府 Billboard Live OSAKA
[2nd STAGE] OPEN 20:30 / START 21:30

音楽ナタリーをフォロー