亀梨和也、東野圭吾原作「手紙」でテレ東ドラマ初主演「難しさにハマっていけたら」

891

亀梨和也(KAT-TUN)が主演を務める「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」が、テレビ東京系にて放送されることが明らかになった。

亀梨和也(KAT-TUN)

亀梨和也(KAT-TUN)

大きなサイズで見る

この作品は東野圭吾の人気小説を原作とした社会派ドラマ。強盗殺人犯の弟という運命を背負った主人公・武島直貴が、さまざまな差別や偏見に苦しみながらも自分の家族を持つまでの軌跡を描く。今回のドラマでは2003年の原作刊行当時よりも情報の拡散力が上がった現代の社会を反映し、新たな形で原作の世界を表現する。

亀梨がテレビ東京のドラマに出演、および主演するのは本作が初。亀梨は撮影に向けて「撮影中は何かに悶々とする時間になると思うので、それを抱えられる自分でいたいと思っています」、主人公の直貴の人物像について「その難しさ、もどかしさにハマっていけたらと思っています」と語っている。また、原作者の東野は亀梨に対し「『手紙』は、私自身が答えを探しながら書き継いでいった作品です。亀梨さんも、演技を通じて何らかの答えを発見されるのでは、と思います」とエールを送っている。ドラマの放送日程、共演者などの詳細は後日発表予定。

亀梨和也 コメント

「手紙」ドラマ化及び主演の話を聞いたときの気持ち

テレビ東京のドラマ、東野圭吾さんの作品、どちらの出演も僕にとっては初めてなので、本当にワクワクしています。初めての角度でお仕事ができる事に、いろいろな期待を持ちました。

東野圭吾作品の映像化について

東野圭吾さんの作品は、社会性やテーマ・メッセージ性がある作品が多いので、自分がその作品に参加させてもらえることを非常に嬉しく思っています。

役作りや心がけていること

役作りに関しては、あまり用意しすぎないほうがいいかなと思っています。まずは監督の指揮にしっかり反応できるようにいられたら。その中で、目の前で起きている事、感情、そういうものに敏感でいたいなと思います。そしてそれを自分がどう捉え、表現できるかということを大事にしたいと思います。撮影中は何かに悶々とする時間になると思うので、それを抱えられる自分でいたいと思っています。

武島直貴の人物像

事件の当事者なのか何なのか…とても難しい立ち位置にいる人物ですよね。決してスポットライトを浴びるようなキャラクターではない。そこがこの作品が持っている魅力であり、メッセージなのだと思いますが。僕自身、その難しさ、もどかしさにハマっていけたらと思っています。

視聴者へのメッセージ

ドラマの時代設定は原作よりも現代的に、2018年の今の時代に沿った内容になっています。誰もが直貴の兄・剛志のような加害者になり、そして被害者になりうる要素を持っている。それも、無意識のうちに…。この作品の出来事以外にも、どんな些細なシチュエーションでもそうなりうる時代だからこそ、このドラマを通して、視聴者の皆さんに何かを感じてもらえれば、そんな作品にできればと思っています。

全文を表示

KAT-TUNのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 KAT-TUN の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。