ポルカドットスティングレイ、過去最大規模の全国ツアー完走

1422

ポルカドットスティングレイのツアー「ポルカドットスティングレイ 2018 TOUR 全知全能」が、昨日4月7日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで行われた追加公演をもって終了した。

雫(Vo, G)

雫(Vo, G)

大きなサイズで見る(全7件)

「ポルカドットスティングレイ 2018 TOUR 全知全能」東京・Zepp DiverCity TOKYO公演の様子。

「ポルカドットスティングレイ 2018 TOUR 全知全能」東京・Zepp DiverCity TOKYO公演の様子。[拡大]

ツアー全公演のチケットが即日完売し、この日も会場には大勢のファンが集結。熱気に満たされたZepp DiverCity TOKYOに現れたポルカドットスティングレイは代表曲「テレキャスター・ストライプ」でライブをスタートさせ、1曲目から大合唱を巻き起こした。バンドはウエムラユウキ(B)が鳴らすビートがオーディエンスの体を揺らす「BLUE」、楽器隊のソロパートで高い技量を存分に発揮する「ポルカドット・スティングレイ」など、次々と楽曲を披露。中盤では「人魚」や「極楽灯」といったジャジーなナンバーが続き、観客は雫(Vo, G)の変幻自在の歌声に大いに魅了された。

エジマハルシ(G)

エジマハルシ(G)[拡大]

その後届けられた「顔も覚えてない」では、雫のカウントに続いて観客たちの絶叫が会場にこだまする。疾走感あふれる「シンクロニシカ」を経て、5月9日発売のミニアルバム「一大事」の収録曲「少女のつづき」がライブ初披露されると、フロアはさらにヒートアップ。最後にポルカドットスティングレイは「レム」「エレクトリック・パブリック」と畳み掛け、本編を終了させた。

SAY YESマンとウエムラユウキ(B)。

SAY YESマンとウエムラユウキ(B)。[拡大]

このツアーでは恒例となったウエムラとミツヤスカズマ(Dr)による物販紹介が行われたあと、ポルカドットスティングレイはアンコールを実施。「一大事」のリード曲「ICHIDAIJI」をパワフルに演奏し、観客を熱狂させる。新曲「半泣き黒猫団のテーマ」では“SAY YESマン”が登場し、雫と共に振り付けをレクチャー。この日が初披露だったにもかかわらず大きな盛り上がりを見せた。そしてツアーのラストは「全知全能」の収録曲「ショートショート」。全18曲が披露されたところで、ポルカドットスティングレイ史上最大規模のツアーの幕が下ろされた。

ポルカドットスティングレイ「ポルカドットスティングレイ 2018 TOUR 全知全能」2018年4月7日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

01. テレキャスター・ストライプ
02. BLUE
03. ポルカドット・スティングレイ
04. ミドリ
05. 夜明けのオレンジ
06. 人魚
07. 極楽灯
08. フレミング
09. ジェット・ラグ
10. サレンダー
11. 顔も覚えてない
12. シンクロニシカ
13. 少女のつづき
14. レム
15. エレクトリック・パブリック
<アンコール>
16. ICHIDAIJI
17. 半泣き黒猫団のテーマ
18. ショートショート

この記事の画像(全7件)

関連する特集・インタビュー

ポルカドットスティングレイのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ポルカドットスティングレイ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。