音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

モーニング娘。'18、新たな音楽体験「音のVR」に興奮「誰もがセンターになれる」

811

モーニング娘。'18

モーニング娘。'18

KDDIおよびKDDI総合研究所がハロー!プロジェクトと共同で音楽体験サービス「音のVR」のコンテンツを制作。本日3月14日に東京都内で行われた「音のVR×ハロー!プロジェクト お披露目説明会」にモーニング娘。'18が登壇した。

「音のVR」は360°仕様の映像と音響に対し、視聴者が観たい、聴いたい部分に自由自在にズームできる視聴技術。次世代モバイル通信「5G」を利用することにより、快適なVR体験を楽しむことができる。イベント前に今回の「音のVR」コンテンツの映像の撮影を済ませて来たモー娘。メンバーは、アップフロントグループのチーフディレクター・橋本慎氏の挨拶、KDDI総合研究所の滝嶋康弘氏による「音のVR」のプレゼンテーションを経て会場に登場。映像のメイキングの上映後、リーダーの譜久村聖は「今回『I WISH』を歌わせていただいて。ズームするとそのメンバーの声がよく聴こえるので、音程とか大丈夫かなとハラハラドキドキしました」と撮影を振り返った。

イベントでは譜久村、飯窪春菜、加賀楓がタブレット端末を使用し、撮影した映像を実際に「音のVR」で体験。「I WISH」を歌うメンバーに次々にズームし、はしゃぎながら「音のVR」を楽しんだ。今回の映像ではズーム機能をよりわかりやすく体験するため、3人がそれぞれメンバーに向けて書いた手紙を歌唱シーン中に読み上げており、撮影中に思わず感極まって涙を流した加賀は「リーダーからの言葉が心に染みました」とコメント。飯窪は「ズームできることによって誰もがセンターになれる喜びがあるし、何回でも楽しめるなって。私たちは13人いるので13回楽しめると思います」とデモを体験した感想を話し、譜久村は「『音のVR』を通してメンバーの絆が深まったんじゃないかなと感じています。普段会えない方も一緒に楽しめるコンテンツになっていると思います」と語った。

イベント後にはモー娘。への囲み取材が行われ、譜久村は「緊張してしまったんですが、いつも以上に伸びやかにがんばって歌ったのでこの『I WISH』は最高の仕上がりになっていると思います」と改めて撮影した映像を紹介。小田さくらは「ファンの方々がそれぞれ離れた位置にいても楽しめるよう、モーニング娘。のコンサートにも取り入れたいです」と話しつつ、「みんなの声をかき消してやろうってくらいの気持ちで歌いました!」と撮影したときの心境を明かすと、石田亜佑美から「もうちょっと声を落とそうかって注意されてました」と暴露されていた。また生田衣梨奈は「私は基本的にソロパートが1文字とかなんですけど、VRだと全部が私のソロパートみたいな感覚で聴けるので、生田衣梨奈 with モーニング娘。という感じで楽しんでもらえるんじゃないかな」と述べて報道陣の笑いを誘い、「フルコーラスで生田衣梨奈の声を聴けるなんて、素敵じゃないですかこの人生!」と声を張り上げた。

「モー娘。のコンサートでどの曲を『音のVR』で体験してほしいか」という質問には、佐藤優樹が「『LOVEマシーン』ですかね。やっぱりCDと生だと違いますし。でも怖いですね。私、歌詞を間違えちゃったりするので」と答え、石田は「コンサートで必ず盛り上がる『What is LOVE?』をVRで体験してもらいたいです。いつかダンスの動きから来る風圧も感じられるようになったら新しい世界が広がると思います」と回答。記者から「『音のVR』でこの子歌が下手だなと思われて、推し変されちゃったら?」と聞かれた横山玲奈は、「それはかわいさで巻き返せばいい! 口がかわいいなとか目がかわいいなとか、いい部分も見つかると思うので」「私は二重がきれいとよく言われるので、ぜひそこに注目してほしいです!」と自信満々に語った。最後に再婚が報じられた元モーニング娘。の矢口真里に関する質問が飛ぶと、譜久村は「お祝いの場を撮影して、矢口さんの幸せな瞬間をぜひ『音のVR』で体験したいなと思います」と「音のVR」を絡めた答えを返し、会見を締めくくった。

なお「音のVR」は3月31日から4月1日まで神奈川・パシフィコ横浜で開催される「遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2018」の会場で体験することができる。4月以降は一部のKDDI直営店、HMV店頭に体験コーナーが設置され、5月以降には「音のVR」のアプリが期間限定で配信される予定。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー