音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

sora tob sakanaが中野サンプラザに豪華メンツ迎え音楽会「また主催ライブやりたい」

362

sora tob sakana band set

sora tob sakana band set

sora tob sakanaが主催イベント「天体の音楽会」を2月12日に東京・中野サンプラザホールで開催。sora tob sakanaはメンバーのみのライブとバンド編成ライブの2ステージを行い、このほか8組のゲストがパフォーマンスを披露した。

開演前にオープニングアクトとして登場したパンダみっくは、「オモカゲプラスティック」「好きな曜日はxx」の2曲を歌唱。スピード感あふれるロックサウンドに乗せて、元気いっぱいのステージングで威勢よくイベントのスタートを切った。そして開演時間の14:00をまわり、トップバッターとしてステージに上ったのはsora tob sakana。早くも登場したこの日の主役たちは「Moon Swimming Weekender」で一気に会場を沸かせ、白い衣装を軽やかになびかせながら「魔法の言葉」「夏の扉」で息の合った歌とダンスを観客に届けた。

amiinAのライブは、それまでと一転して神秘的な空気をまとったバラード「Breath」でスタート。さらに彼女たちは「lilla」「Callin'」と続け、突き抜けるような歌声で会場を独特な雰囲気に飲み込んだ。その後「普段なかなかやらない曲をやろうと思います」と曲紹介をして、彼女たちはひさびさに「atom」を歌唱。ラストの「Canvas」で会場にシンガロングを巻き起こした。「仮面に隠れたセレナーデ」で幕を開けた26時のマスカレイドはのライブは、イベントの流れに合わせるように普段とは趣の違ったセットリストで進行。「マスカレイドは眠らない」ではグループの略称・ニジマスにちなんで魚のぬいぐるみを振り回しながら会場の熱気を上昇させ、ライブの終わりには撮影OKタイムを設けて観客を盛り上げた。

この日初めてのバンドとなったのは、sora tob sakanaのサウンドプロデューサーである照井順政(ハイスイノナサ)がギタリストを務めるsiraph。どこかアーバンな雰囲気が漂うポストロックに乗せて、ボーカリスト・Annabelが切なくも妖艶な歌声を響かせた。彼らは照井のトリッキーなギターと蓮尾理之のノイジーなキーボードでオーディエンスを圧倒し、ライブは「時間は告ぐ」「想像の雨」という流れで終了。アイドルグループが続いた中でしっかりとした存在感を示した。そして2組目のバンドであるKing Gnuが登場すると、彼らはダイナミックでタイトなドラムとグルーヴィなベースで会場の空気を一変させ、常田大希(G, Vo)はマイクスタンドに設置した拡声器にシャウト。妖しい雰囲気を醸しながら「Tokyo Rendez-Vous」「あなたは蜃気楼」「Vinyl」などの話題曲を演奏した。井口理(Vo, Key)はMCで「すいませんね、俺らみたいな泥臭いバンドが」と恐縮しつつ、「アイドルイベントに呼ばれたのは初めてで、正直なところ観に行ったこともないんです」と話していたが、彼らが放つ強力な熱にオーディエンスは魅了されていた。

衣装のフードを頭にすっぽりとかぶって現れたMaison book girlは、「言選り」「rooms」「faithlessness」「cloudy irony」「karma」と、メジャーデビュー以降の曲に絞ったセットリストでライブを展開。現代音楽をベースにしたサウンドがホール会場に映える。そして最後に彼女たちは「十六歳」を歌唱。切なくも力強い歌声とダンスで、会場の空気を自分たちのカラーに染め上げた。その後のtricotのライブは爆発力たっぷりの演奏で、ホール会場が一転してライブハウスのような空気に。「おもてなし」「WABI-SABI」「節約家」「メロンソーダ」などを披露し、大音量で鳴らされる4人のサウンドが勢いよく複雑に絡み合う。中嶋イッキュウ(Vo, G)はMCで「今日はいろんな人に『tricotもチェキをやってください』と言われたので10万で撮ります。ツーチェキ20万、囲みチェキ30万円です」と冗談を言って観客を笑わせた。

ゆるめるモ!は荒々しく「歩くの遅い犬」を歌ったのち、ミラーボールの光に照らされながら人気曲「逃げろ!!」を歌い、会場は大盛り上がりに。曲が終わるとようなぴが、sora tob sakanaの寺口夏花が「逃げろ!!」を大好きなのでこの日この曲を選んだと語った。その後、彼女たちはサイケデリックな長尺曲「天竺」を歌って観客を驚かせ、「must 正」で拳を突き上げながらを熱唱。最後に「ミュージック 3、4分で終わっちまうよね」で自分たちの音楽へのまっすぐな思いをオーディエンスに届けた。

長丁場のイベントとなったこの日のラストを飾ったのは、照井順政(G / ハイスイノナサ、siraph)、馬場庫太郎(G / NENGU)、照井淳政(B / ハイスイノナサ)、森谷一貴(Key / ハイスイノナサ)、鎌野愛(Key / anoh)、リンタロウ(Dr)、佐藤香(Per / ハイスイノナサ、キツネの嫁入り、anoh)がバックバンドを務めるsora tob sakana band set。1曲目の「海に纏わる言葉」が始まるや否や、迫力たっぷりの生演奏によりパワーアップしたsora tob sakanaの4人のパフォーマンスで、早くも盛り上がりは最高潮を迎えた。彼女たちはその後も「夜空を全部」「鋭角な日常」「広告の街」と畳み掛け、怒涛のバンドアンサンブルに呼応してスケールアップした4人のダンスと澄んだ歌声が、オーディエンスをさらなる興奮に導く。

ここで彼女たちは、ワーナー ブラザース ジャパンのレーベルから5月16日にミニアルバム(タイトル未定)をリリースことと、ポニーキャニオンの新プロジェクトとして7月1日に東京・東京国際フォーラム ホールCでワンマンライブを行うことを発表。驚きと喜びの声でざわつく客席に向けて彼女たちは、このミニアルバムに収録される「Lightpool」をこれからいち早くお披露目することを告げ、キレのあるダンスと共に新曲を初披露した。その後の「夜間飛行」では会場中が腕を振り上げて大合唱に。ラストナンバー「ribbon」が終わると、メンバーとバンドにオーディエンスから惜しみない拍手が贈られた。最後に神崎風花が「いつも私たちは呼んでもらってライブをすることが多いんですけど、中野サンプラザで主催イベントができてよかったです。また主催ライブをやりたいです」と来場者に意気込みを伝えた。

※神崎風花の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。

「天体の音楽会」2018年2月12日 中野サンプラザホール セットリスト

パンダみっく

01. オモカゲプラスティック
02. 好きな曜日はxx

sora tob sakana

01. Moon Swimming Weekender
02. 魔法の言葉
03. 夏の扉

amiinA

01. Breath
02. lilla
03. Callin'
04. atom
05. Legacy
06. Canvas

26時のマスカレイド

01. 仮面に隠れたセレナーデ
02. トワイライト
03. マスカレイドは眠らない
04. ゼンキンセン

siraph

01. dilatant
02. damp damp
03. leap
04. lens
05. 時間は告ぐ
06. 想像の雨

King Gnu

01. FLASH!!!
02. Tokyo Rendez-Vous
03. McDonald Romance
04. Catch!!!
05. あなたは蜃気楼
06. ロウラヴ
07. ティーンエイジャー
08. Vinyl

Maison book girl

01. 言選り
02. rooms
03. faithlessness
04. cloudy irony
05. karma
06. 十六歳

tricot

01. TOKYO VAMPIRE HOTEL
02. おもてなし
03. WABI-SABI
04. アナメイン
05. ブームに乗って
06. E
07. 節約家
08. Melon Soda

ゆるめるモ!

01. 歩くの遅い犬
02. 逃げろ!!
03. 天竺
04. must 正
05. ミュージック3、4分で終わっちまうよね

sora tob sakana band set

SE. 海にまつわる言葉
01. 夜空を全部
02. 鋭角な日常
03. 広告の街
04. Lightpool
05. 秘密
06. 夜間飛行
07. ribbon

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー