音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

指原莉乃の初ソロコンは“1人リクアワ”に、TRFのDJ KOO&SAMと「恋チュン」披露

236

秋吉優花と指原莉乃。(c)AKS

秋吉優花と指原莉乃。(c)AKS

指原莉乃HKT48)が昨日1月18日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで単独ライブ「指原莉乃ソロコンサート ~アイドルとは何か?~」を開催した。

指原は過去にディナーショーを行ったことはあったが、ソロコンサートを催したのは今回が初めて。本日の演目が「指原莉乃リクエストアワーセットリストベスト25 2018」と銘打たれた、“1人リクアワ”であることがスクリーンで発表されたのち、指原は25位にランクインしたナンバー「12秒」を歌いながらステージに登場した。その後、彼女はHKT48の秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香をバックダンサーに迎え、「桜、みんなで食べた」「前しか向かねえ」を披露。「しぇからしか!」では金テープが発射され、ライブ序盤から場内が大きく盛り上がった。

またこのコンサートにはHKT48、AKB48、=LOVEのメンバーや、ラストアイドルの2ndユニット・シュークリームロケッツの小澤愛実らが観客として来場しており、MCでは指原が客席のメンバーに話しかける場面があった。MCのあと、「誘惑のガーター」では指原がHKT48の植木南央、村重杏奈と共に椅子を使ったセクシーなダンスを披露して観客を魅了。「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」では秋吉率いる“さし丘高校バブリーダンサーズ”がステージを盛り上げ、ボディコン姿の秋吉によるダンスに大きな注目が集まった。

次に田中菜津美が進行役を務める形で始まったのは、「指原莉乃を訴える」と題した企画。VTRで高橋朱里(AKB48)が指原に向けて「『じゅり』を『じゃり』と書き間違えないで」と訴えたところ、ステージの指原は「こんなの打ち間違い」と反論した。続いて小嶋真子(AKB48)による訴えは「『こじまこ』を『こじたこ』と間違ってツイートされた」というもので、指原は「これも打ち間違い」と一蹴。強気な指原に対して、続いての訴えはHKT48ファンからの「横断幕を作って待っていたが『早く帰れ』と言われた」という内容で、指原は「お礼をしてから『早く帰れ』って言ってるんだからウィンウィンの関係でしょ」と言い返す。さらに映像の最後、指原の熱狂的なファンの57歳男性が「握手会で『死んだら葬式に行ってやるけど、死ぬまで待っていられないから生前葬にしろ』と言われた」と訴えたところ、指原は「ファンサービスだと思ってます。だって葬式に行くよって言ってるんですよ? (ファンの)自虐ふう自慢ですよ」と返したが、最後には「もう葬式の話はしません。横断幕を見たら駆けつけます。反省します! ていうか疲れた!」と奔放なトークを展開した。

ライブ中盤には“1人リクアワ”の番外編として、1月24日リリースのAKB48の9thアルバム「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」から指原と荻野由佳(NGT48)、込山榛香(AKB48)のユニット曲「恋愛無間地獄」が、スペシャルゲストに南こうせつを迎えて初披露された。南は前日までアメリカ・シカゴにいたとのことで、自身と同じ大分出身の指原のコンサートにゲスト出演するにあたって、「恋愛無間地獄」を帰りの飛行機の中で聴き続けていたことを明かした。

南が退場したあと、スクリーンには2017年に指原が「AKB48選抜総選挙」の前に1位を獲得した際の公約として「さしこ100%やります」と宣言した映像や、アキラ100%からお盆芸を教わるシーンなどが放映された。そしてステージの指原はお盆を持って「ジッパー」を歌い、ジャージ姿の秋吉がアシスタントを務める中、股間のあたりでお盆を高速でひっくり返す技を成功させた。さらに「意外にマンゴー」ではセクシーな白い水着姿を披露。MCでは「水着を着ましたよ。コスパはいいし、脱いだらみんな機嫌がよくなるし」と話していた。

ライブ後半にはTRFのDJ KOOがハイテンションにゲスト参加し、「恋するフォーチュンクッキー」へ。この曲ではDJ KOOがスクラッチをしたり、途中から同じくTRFのSAMがダンサーとして参加したりと豪華なコラボが展開された。指原はバラエティで共演する機会の多かったDJ KOOが実際にDJとしてプレイしていたことから「DJ KOOさんってちゃんとしてるんですね!」と驚き、DJ KOOは「本業ですから」と笑顔を見せた。

5位にランクインした「#好きなんだ」や、3位「Get you!」、2位「ハイテンション」と次々に楽曲を歌い届けた指原は、1位の楽曲を歌う前に「今日は私から皆さんにお知らせがあります。私、指原莉乃は……」と神妙な表情を浮かべながら、「HKT48をまだまだ辞めません!」と宣言してファンや客席にいるHKT48メンバーを驚かせた。そして彼女は1位に選んだナンバー「白いシャツ」を歌って、「これからも指原に付いてきてください!」と呼びかけてライブ本編を締めくくった。

盛大な「莉乃ちゃん」のかけ声でアンコールを求めたファンに向けて、ステージへと舞い戻った指原はまず「ロックだよ、人生は...」「メロンジュース」を披露。アンコールのラストには客席にいたHKT48のメンバーをステージに招き、「最高かよ」をにぎやかに届けた。鳴り止まない声援に応える形で始まったダブルアンコールでは、「みんなごめん! 大事な曲を忘れていました!」と指原が再び姿を現し、ソロデビュー曲「それでも好きだよ」を歌唱。ファンに感謝を伝えてから「これからも指原のことを応援してくれるかな?」と呼びかけた指原に、ファンが声をそろえて「いいともー!」と呼応してソロコンサートは大団円を迎えた。

指原莉乃ソロコンサート ~アイドルとは何か?~ 1月18日 TOKYO DOME CITY HALL セットリスト

SE. Overture
01. 12秒
02. 桜、みんなで食べた(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
03. 前しか向かねえ(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
04. しぇからしか!(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
05. 誘惑のガーター(with 植木南央、村重杏奈)
06. 黒い天使(with 宇井真白、上野遥)
07. 口移しのチョコレート(with 岩花詩乃、田中優香)
08. ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)(with 秋吉優花)
09. Make noise(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
10. 意気地なしマスカレード(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
11. 恋愛無間地獄(with 南こうせつ)
12. ジッパー(with 秋吉優花)
13. 意外にマンゴー(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
14. 大人列車(秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
15. ウィンブルドンへ連れて行って
16. ソフトクリーム・キス(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
17. 初恋ヒルズ(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
18. チューしようぜ!(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
19. 恋するフォーチュンクッキー(with DJ KOO&SAM[TRF]、秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
20. ハロウィン・ナイト(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
21. LOVE TRIP(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
22. #好きなんだ(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
23. 僕等の制服クリスマス(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
24. Get you!(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
25. ハイテンション(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
26. 白いシャツ(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
<アンコール>
27. ロックだよ、人生は...(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
28. メロンジュース(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、田中菜津美、田中優香)
29. 最高かよ(with 秋吉優花、岩花詩乃、宇井真白、植木南央、上野遥、田中菜津美、田中優香、村重杏奈)
<アンコール2>
30. それでも好きだよ

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー