音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

lynch.葉月、楽しい修行の場となったカバーたっぷり単独公演「奏艶」

706

lynch.の葉月(Vo)が12月23日に東京・品川インターシティホールで2部制の単独公演「奏艶」を開催。この記事では第1部の模様をレポートする。

この日、葉月は「ようこそいらっしゃいました」と深くお辞儀をしてから、本公演のために書き下ろした楽曲「軽蔑」を1曲目に披露。さらにlynch.「THIS COMA」「ETERNITY」のセルフカバー、元ちとせ「ワダツミの木」、L'Arc-en-Ciel「夏の憂鬱[time to say good-bye]」、B'z「RING」などをグランドピアノとストリングス隊による演奏に乗せて歌い上げた。

ライブの終盤には「今日はいつものバンドメンバーがいないから少し寂しいな。こうやってソロをやることでわかりますね。心強いんだなって。これは“葉月”というボーカリストの修行です。楽しいですけど(笑)」と語った葉月。激しいライブパフォーマンスを展開するlynch.のライブとは異なる環境でのソロ公演に充実感を伺わせた。

なおlynch.は12月31日に愛知・Zepp Nagoyaでカウントダウンライブ「lynch.COUNTDOWN LIVE『2017-2018』」を開催。この年越し公演にオープニングアクトとしてとにかく明るい土屋、pynch.という2組の出演が決定している。

葉月 単独公演「奏艶」12月23日 品川インターシティホール セットリスト

[第1部]
01. 軽蔑
02. THIS COMA
03. KAREIDO
04. ミウ(※BUCK-TICKカバー)
05. ワダツミの木(※元ちとせカバー)
06. RING(※B'zカバー)
07. くちづけ(※黒夢カバー)
08. Ray(※LUNA SEAカバー)
09. 夏の憂鬱[time to say good-bye](※L'Arc-en-Cielカバー)
10. MELANCHOLIC
11. PHOENIX
12. ETERNITY

[第2部]
01. PHOENIX
02. THIS COMA
03. 軽蔑
04. 密室(※BUCK-TICKカバー)
05. ワダツミの木(※元ちとせカバー)
06. RING(※B'zカバー)
07. MOTHER(※LUNA SEAカバー)
08. 至上のゆりかご(※黒夢カバー)
09. 夏の憂鬱[time to say good-bye](※L'Arc-en-Cielカバー)
10. PHANTOM
11. KAREIDO
12. ETERNITY

lynch.COUNTDOWN LIVE「2017-2018」

2017年12月31日(日)愛知県 Zepp Nagoya
OPEN 22:00 / START 23:00 / END 26:00
<出演者>
lynch.(サポートB:人時)
オープニングアクト:とにかく明るい土屋 / pynch.

音楽ナタリーをフォロー