COUNTRY YARD、安心感と愛情と熱さとエネルギーに満ちたO-EASTワンマン

163

COUNTRY YARDが12月8日に東京・TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブを開催した。

「COUNTRY YARD presents TOUR 2017 -THIS IS COUNTRY YARD- TOUR FINAL ONEMAN」の様子。(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)

「COUNTRY YARD presents TOUR 2017 -THIS IS COUNTRY YARD- TOUR FINAL ONEMAN」の様子。(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)

大きなサイズで見る(全15件)

このライブは彼らが9月発売のフルアルバム「COUNTRY YARD」のレコ発ツアー「TOUR 2017 -THIS IS COUNTRY YARD-」のファイナル公演として行ったもの。バンドにとって約1年2カ月ぶりのワンマンライブとなった。

Keisaku “Sit” Matsu-ura(Vo, B)(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)

Keisaku “Sit” Matsu-ura(Vo, B)(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)[拡大]

Yu-ki Miyamoto(G, Cho)(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)

Yu-ki Miyamoto(G, Cho)(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)[拡大]

Keisaku “Sit” Matsu-ura(Vo, B)、Hayato Mochizuki(Vo, G)、Yu-ki Miyamoto(G, Cho)、Masayuki Yamazaki(Dr)の4人はふらりとステージに現れると、各々の楽器をかき鳴らす。そして場内が暗転するとSitが「遊ぼうぜ!」と声を上げ、バンドはアルバムの曲順通り「Orb」「Alternative Hearts」を連投。「小さいところもで大きいところでもやることは変わらない」と宣言した彼らのパワフルな演奏が場内に満ち、オーディエンスはさっそく拳を上げたりクラウドサーフを繰り返したりして、バンドの熱演に応えていった。

4曲を終えるとSitが「のっけから最高だな!」と破顔。「いいツアー回ってきました」と振り返り「もうやるしかねえって感じです」と意気込みを続けた。さらに「You're My Fire」「Not Afraid」とアルバムから特に哀愁の漂う楽曲を続けて場内をエモーショナルなムードで染め上げたのち、フロアを見渡したSitが「セキュリティの皆さん、多めに見てください」とセキュリティスタッフへ声をかける。そして「みんなの力が必要だ!」と叫んでから「Universal Hour」をプレイすると、先ほどの声にたぎったオーディエンスは一層激しく暴れ回った。

Hayato Mochizuki(Vo, G)(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)

Hayato Mochizuki(Vo, G)(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)[拡大]

Masayuki Yamazaki(Dr)(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)

Masayuki Yamazaki(Dr)(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)[拡大]

MCでMiyamotoは「今までツアー嫌いだったんですけど、好きになりました」と明かす。その理由をセルフタイトルを冠したアルバム「COUNTRY YARD」が自信作であること、そのアルバムを持って「胸を張って」各地を回れたことからだと話した。Sitは「もっともっと越えていきたい」「今日もたくさんの人に見てもらってるけど、もっともっと大きいところに持っていきたい」と闘志を燃やしていた。

後半、演奏はより熱を帯び、グルーヴィーに。Mochizukiが静かに奏でるアルペジオから始まった「First Day Alone」では、間奏でSitが「初めて立った町田SDRのステージを思い出してました。出発点が見えて、もっともっとライブハウスで音を鳴らしたいと思ってます。シンプルなところに行き着いてます」と心境を明かす。「大事な曲」だと言う「Believe It, Face It」ではSitがマイクスタンドを握りしめて熱のこもった歌声を聴かせた。

この日、何度も「みんながいてよかった」とファンへの感謝の言葉を重ねたSit。終盤には「来年も波乱の年になりそうです。でもポジティブにいきたいと思います」と結成10周年を迎える来年へ思いをはせると、バンドは「Always Be Here」「Don't Worry, We Can Recover」「I'll Be With You」とキラーチューンを畳み掛け、場内には盛大なシンガロングが広がった。

「COUNTRY YARD presents TOUR 2017 -THIS IS COUNTRY YARD- TOUR FINAL ONEMAN」の様子。(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)

「COUNTRY YARD presents TOUR 2017 -THIS IS COUNTRY YARD- TOUR FINAL ONEMAN」の様子。(Photo by Takashi “TAKA” Konuma)[拡大]

アンコールで彼らはアルバム収録曲「She Comes By」を初披露。演奏前にはこれまでの自身の楽曲とは雰囲気の異なる曲調であることに言及し「俺たちのやりたいことが伝わってくれるとうれしい」と思いを説明する。しっとりしたムードの同曲を丁寧に届け終えるとSitは「すげー楽しかった! 最高の曲だね」と笑った。さらに新旧のファンが集うフロアを見渡して「COUNTRY YARDのワンマンは安心感と愛情と熱さとエネルギーで満ちています。本当にありがとう。めっちゃパワーもらったわ」とやさしい声で続けた。

ダブルアンコールではMiyamotoが「来年はコツコツ行きますよ。この世の中にちまちまCOUNTRY YARDを刻みます」と宣言すると、Sitがそれに対し「自分たちにできること、地道にやっていこ!」と声をかける。そしてバンドは初期からの人気曲「Turn Up The Sun」「Seven Years Made My Now」を演奏。MiyamotoとYamazakiが互いの拳をぶつけるシーンもあり、4人は最後まで息の合ったプレイを見せ、熱気に包まる中、ツアーの幕を下ろした。

なおCOUNTRY YARDは4月22日に東京・新宿ACB HALLにて自主企画イベント「BROTHERHOOD vol.32」を開催する。バンドのオフィシャルサイトでは12月24日23:59までチケットの先行予約を受付中。

この記事の画像(全15件)

COUNTRY YARD presents TOUR 2017 -THIS IS COUNTRY YARD- TOUR FINAL ONEMAN
2017年12月8日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. Orb
02. Alternative Hearts
03. In Your Room
04. Tenderness Felt
05. You're My Fire
06. Not Afraid
07. Universal Hour
08. The Same Old Dream
09. Lights Awake
10. All For One
11. 32
12. Bed
13. My Other Side
14. Starry Night
15. Colors
16. First Day Alone
17. Believe It, Face It
18. Always Be Here
19. Don't Worry, We Can Recover
20. I'll Be With You
<アンコール>
21. She Comes By
22. Quark
<ダブルアンコール>
23. Turn Up The Sun
24. Seven Years Made My Now

COUNTRY YARD「BROTHERHOOD vol.32」

2018年4月22日(日)東京都 新宿ACB HALL
<出演者>
COUNTRY YARD / and more

全文を表示

関連記事

COUNTRY YARDのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 COUNTRY YARD の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。