音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

女王蜂アヴちゃんが歌う「デビルマンのうた」スペシャルムービー公開

863

「DEVILMAN NIGHT by NETFLIX」出演アーティスト。

「DEVILMAN NIGHT by NETFLIX」出演アーティスト。

アヴちゃん(女王蜂)が歌唱、牛尾憲輔が編曲を担当した「デビルマンのうた」がNetflixのアニメ「DEVILMAN crybaby」の挿入歌に決定。アニメ本編映像に乗せてこの楽曲が流れるスペシャルムービーがYouTubeにて公開された。

この挿入歌は1970年代の放送されたテレビアニメ「デビルマン」のオープニングテーマ「デビルマンのうた」を新アニメ「DEVILMAN crybaby」のため現代ふうにアレンジし、新録したもの。このアニメの大ファンだというアヴちゃんは本編に登場する「魔王ゼノン」の声優として出演することも決定している。これについてアヴちゃんは「人格形成としてのルーツ・聖典に、あの『デビルマンのうた』を歌って声優として参加、、まだ夢のようです。現代版としてアップデートされた愛と哀しみ。みんなで見て、語ろ? わたしは泣くと思う」とコメントした。

またアニメに登場する悪魔を呼び出すためのパーティ“サバト”を再現したクラブイベント「DEVILMAN NIGHT by NETFLIX」が12月28日に開催される。このイベントには主題歌を担当する電気グルーヴの石野卓球をはじめ、牛尾憲輔、KEN THE 390、AFRA、YOUNG DAIS般若といったアニメ本編に携わるアーティスト陣が出演する。

さらに「DEVILMAN crybaby」の主題歌「MAN HUMAN」と、第9話のスペシャルエンディング曲「今夜だけ」が収録される電気グルーヴのシングルジャケットが公開された。このジャケットには「DEVILMAN crybaby」のアニメーター・押山清高が今作のために描き下ろしたイラストがデザインされている。

アヴちゃん(女王蜂)コメント

幼少期、レンタルビデオショップでデビルマンに出会い、歳を重ねるにつれ
シレーヌに憧れ了に自分を重ねカイムの愛に涙し不動明に思いを寄せていました。
エロの奥にエロスがあるように、作中の暴力と殺戮の奥に何かがあるような気がして。
いまも考えてしまう、ずっと。
人格形成としてのルーツ・聖典に、あの「デビルマンのうた」を歌って声優として参加、、まだ夢のようです。
現代版としてアップデートされた愛と哀しみ。みんなで見て、語ろ? わたしは泣くと思う

DEVILMAN NIGHT by NETFLIX

2017年12月28日(木)東京都 WOMB
OPEN&START 22:00 / END 28:30
<出演者>
石野卓球 / 牛尾憲輔 / KEN THE 390 / AFRA / YOUNG DAIS / 般若
SPECIAL GUEST:☆Taku Takahashi

音楽ナタリーをフォロー