音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

HKT48がホームで映画祭開催、11時間30分超え48作品を上映

103

「『東映 presents HKT48×48人の映画監督たち』天神映画祭」の様子。(c)AKS

「『東映 presents HKT48×48人の映画監督たち』天神映画祭」の様子。(c)AKS

HKT48のイベント「『東映 presents HKT48×48人の映画監督たち』天神映画祭」が昨日11月24日に彼女たちの拠点である福岡・西鉄ホールで開催された。

これは11月24~26日開催のHKT48の結成6周年イベント「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~」の一環として昼夜2部制で行われたもの。アルバムを予約した人の中から抽選で各部に418名ずつ招待された。イベントではHKT48が12月27日にリリースする1stアルバム(タイトル未定)に付属するDVDに11時間30分以上にわたって収録される48作品の短編映画を上映。映画は48人の監督が48人のメンバーをそれぞれを撮り下ろしたもので、ラブストーリーや青春ドラマ、コメディ、サスペンスなどさまざまなジャンルの映像作品がそろっている。

この日HKT48にとってホームの劇場である西鉄ホールにはレッドカーペットが敷かれ、結成6周年を記念したモニュメントやメンバーの手形が展示された。上映前の舞台挨拶には、HKT48のメンバー37人と佛田洋、篠崎誠兼重淳橋本一二宮健といった監督が登壇。植木南央は監督の橋本が「新・仁義なき戦い / 謀殺」を撮影したことを事前に調べ「台本をいただいたら本当に怖い内容だったので、橋本監督と“仁義なき戦い”が始まるかもと思ったぐらい怖かった」と語った。さらに朝長美桜が山村紅葉と共演するにあたり、泣きそうなほど緊張したというエピソードを披露。その後も坂口理子が重要文化財の旧奈良監獄で撮影したことを語るなど、メンバーはバラエティー豊かな作品をアピールした。

音楽ナタリーをフォロー