音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

安東由美子が慢性硬膜下血腫と診断「戦い抜いて強くなりたい」

70

安東由美子

安東由美子

安東由美子が慢性硬膜下血腫と診断されたため、FM FUJIのレギュラー番組「安東由美子の月にナイショ」を11月26日の放送をもって休止することを発表。現在制作中の新作については一旦進行をストップさせる。

彼女は体調の異変を感じて総合病院で検査をした結果、脳の隙間に血が溜まって固まる慢性硬膜下血腫であることが判明。経過によっては頭から血を抜く手術が必要になるという。12月20日に予定されているライブに関しては状況次第で出演を決めるとのこと。彼女はこれについてブログで「きちんと薬を飲み、治療していくという強い意志を持っていかなければ、ならないと涙を捨て、自分ばかりが不幸なんかじゃないと思い、前向きに治療していきたいと思います。早期に見つかって良かったと思い、戦い抜いて強くなりたいと思います」とコメントしている。

安東は持病のうつ病およびパニック障害と向き合うため今年3月からライブ活動を休止し、治療が進み安定期が長くなったことを受けて6月に活動を再開。7月には、昨年11月に離婚したコンサートPAの男性と再び結婚したことを報告した。

音楽ナタリーをフォロー