音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

RIZE、u:zoも登場したロングツアー国内ファイナル「誰一人置いてかねえから」

390

RIZE「RIZE TOUR 2017 "RIZE IS BACK"」国内最終公演の様子。(撮影:平野大輔)

RIZE「RIZE TOUR 2017 "RIZE IS BACK"」国内最終公演の様子。(撮影:平野大輔)

RIZEが昨日11月18日に大阪・なんばHatchにて、全国ツアー「RIZE TOUR 2017 "RIZE IS BACK"」の国内最終公演を開催した。

バンドの結成20周年を記念して4月にスタートしたこのツアー。全40公演を締めくくる最終公演のチケットはソールドアウトし、場内には開演前から異様な熱気が立ち込めた。

ライブは最新アルバムのタイトルトラック「帰ってきたサンダーボルト」で幕を開けた。JESSE(Vo, G)が「RIZE IS BACK!」とシャウトすると、稲妻が落ちるような照明演出から全メンバーがステージに登場。逝去したミュージシャンたちへ捧げる鎮魂歌「ALL DOGS」で美しいコーラスワークを響かせたあと、彼らはアルバム収録曲を畳み掛けて序盤からフロアを大いに盛り上げた。

ライブ中盤、JESSEは「ツアーを一言で表せる言葉を考えたけど『感謝』って言葉以外に出てこなくて、気付いたらもらってるもんが多すぎて、この気持ちどうやって返せるかって思いで今日やってくんで」と思いを語る。彼らはその後、レーザーの光が美しい「In or out」、オーディエンスが掲げるピースサインが一体感を生んだ「heiwa」などをプレイ。JESSEが早逝した盟友K(Pay money To my Pain)への思いと自らの決意を述べて「日本刀」を披露すると、フロアには熱狂の渦が巻き起こった。本編ラストに投下されたのは「カミナリ」。同曲の演奏時にはRIZER(RIZEファンの総称)の1人を舞台に上げ歌唱させるのが恒例となっているが、この日バンドは「歌わせたい人がいる」と元RIZEベーシストのu:zo(ROS)を呼び込む。彼らはこの日一番の歓声を浴びながら「カミナリ」を届け、本編を締めくくった。

アンコールを受け、バンドは再びステージへ。JESSEはメンバーに「俺RIZERを代表してお前らのこと大好きだから。誰一人置いてかねえから」と瞳を潤ませながら語りかけたあと、「Where I belong」を熱唱。最後に前向きなメッセージソング「NAME」を演奏し、ツアーの幕を閉じた。

なおRIZEは11月24日に香港、26日に上海でアジアツアーを開催。12月20日にはキャリア初の東京・日本武道館ワンマンライブを行う。

RIZE「RIZE TOUR 2017 "RIZE IS BACK"」2017年11月18日 なんばHatch セットリスト

01. 帰ってきたサンダーボルト
02. ALL DOGS
03. Good Day
04. NOTORIOUS
05. ONE SHOT
06. KAMI
07. SILVER
08. RESPECT
09. TKC
10. うしろの少年
11. In or out
12. heiwa
13. COLOURS
14. JUSTICE
15. PARTY HOUSE
16. 日本刀
17. Gun Shot
18. Far Eastern Tribe
19. カミナリ
<アンコール>
20. Where I belong
21. NAME

「RIZE IS BACK」RIZE ASIA TOUR 2017

2017年11月24日(金)香港 Music Zone @ E-Max
2017年11月26日(日)上海 万代南夢宮上海文化中心

RIZE TOUR 2017 "RIZE IS BACK"

2017年12月20日(水)東京都 日本武道館

音楽ナタリーをフォロー