音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Aimer×三木孝浩×浜辺美波による神秘的な「花の唄」MV誕生

3510

Aimer「花の唄」ミュージックビデオのワンシーン。

Aimer「花の唄」ミュージックビデオのワンシーン。

Aimerの新曲「花の唄」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

「花の唄」は明日10月11日にリリースされるAimerのニューシングルの収録曲で、梶浦由記が楽曲提供およびプロデュースを担当。10月14日公開の劇場アニメ「Fate/stay night[Heaven's Feel] I.presage flower」の主題歌に決定しており、シリアスで深みのある歌声が印象的な1曲となっている。

このたび完成したMVには、映画「君の膵臓をたべたい」で注目を集めた浜辺美波が出演。映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」「青空エール」でメガホンを取った三木孝浩が監督を務め、楽曲および「Fate/stay night[Heaven's Feel] I.presage flower」とリンクした神秘的でダークな雰囲気の映像作品を作り上げた。なお、三木がAimerのMVを手がけるのは「Re:pray」以来2度目となる。

三木孝浩監督コメント

「花の唄」のミュージックビデオを作るにあたり、この楽曲がとてもエモーショナルで、劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel] I.presage flower」の世界とすごくシンクロした歌だったので、ミュージックビデオもその世界へのリスペクトを込めつつ、少女の内なる葛藤を幻想的に表現したいと思いました。
また主演の浜辺美波ちゃんは以前お仕事でご一緒してて、その透明感とどこか憂いある表情が今回描きたいテーマにピッタリだったのでオファーしました。
Aimerの唯一無二のその歌声とともに美波ちゃんの繊細で儚い表情をミュージックビデオで楽しんでもらえたら嬉しいです!

音楽ナタリーをフォロー