音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「私たちの青春が詰まった作品」乃木坂46、サプライズ連発の映画初日にメンバー涙

1983

映画「あさひなぐ」初日舞台挨拶の登壇者。

映画「あさひなぐ」初日舞台挨拶の登壇者。

乃木坂46が主演する映画「あさひなぐ」が本日9月22日に公開初日を迎え、東京・TOHOシネマズ 新宿にて行われた舞台挨拶に西野七瀬桜井玲香松村沙友理白石麻衣伊藤万理華生田絵梨花らが参加した。

「あさひなぐ」はこざき亜衣の同名マンガの実写化作品。なぎなたにすべてをかける女子高生たちの姿を描いた青春物語で、主人公の東島旭を西野が演じた。この日登壇した乃木坂46の6人と共演の富田望生は、作中の“勝負衣装”である道着に防具といういでたちで観客の前に登場。この格好について司会者に聞かれると、西野は「ひさしぶりに着付けしたので、みんなで『試合のシーンを思い出すね』なんて話しながらさっき準備していました」と答えた。

登壇者は順に挨拶に立ち、初日を迎えた思いや撮影時のエピソードを語っていく。松村は「心の底から好きな作品になったので、たくさんの人にたくさんたくさん愛されたらいいなと思います。かわいい子がたくさん出ているんですが、一番かわいいさくらちゃんに注目してください!」と“たくさん”を連呼しながらしっかり自身の演じたキャラクターをアピール。また白石は「1回だけじゃなく、ぜひなん十回もなん百回も観てくれたらうれしいなと思います」と欲張りなお願いをファンに向けて投げかけ、にっこりと笑顔を浮かべた。

桜井は、本作のためにメンバーが特訓したなぎなたについて「0からのスタートだったんですが、最初のうちはできなさすぎて……『これ、映画撮れるのかな?』って不安になるくらいでした」と苦労を語った。西野も「試合とかは、『自分達ではやらないんやろうな』と思ってました」と明かしたが、次第に「自分でできたらいいな」という心境に変わっていったといい「自分で(試合のシーンを)演じたいですと監督に直談判したんです」と振り返る。しかし監督は「そのつもりでした」と彼女に返したといい、西野は「『じゃあ、見せてみな』みたいな感じで(直談判を)受け止めてほしかったです」と照れ笑いを浮かべていた。また挨拶の中では、撮影中富田が乃木坂46のメンバーに「インフルエンサー」のダンスを教わっていたというエピソードから、この曲のダンスを富田とメンバーがワンフレーズ披露するという一幕も。彼女たちは曲を口ずさみながらサビの振りを踊ってファンを喜ばせ、富田は「乃木坂の皆さん、教えるのが本当に上手なんです!」とメンバーを絶賛した。

それぞれが作品に対する熱い思いを語り挨拶が終盤に近付いたところで、司会者はメンバーにはサプライズで用意された手紙を読み上げる。これは彼女たちになぎなたの指導をした全日本なぎなた連盟の吉井和代さんがしたためたもので、吉井さんがつづったそれぞれのメンバーへの労いの言葉に、登壇者はじっくりと聞き入った。西野には「彼女が『面が打てないんです。人の頭を強く打つようなことは苦手です』と泣き出したときは本当に驚きました。優しい性格の旭ちゃんは、本当につらかったでしょう。しかし主役という責任感からか厳しい対人稽古にも耐え抜いて、しっかりとした面を打てるようになった旭ちゃん。試写を観せていただいたときには、生き生きと打突を繰り出す原作そのままの東島旭になっていました。立派ななぎなた剣士ですよ」というメッセージが送られる。これを聞いた西野は「先生方にお会いできて、なぎなたを知ることができてうれしいなと思います」と言葉をかみしめるように心境を明かした。

するとここでさらなるサプライズとして、吉井さんが登場。今作のなぎなた指導に参加した大学生たちと一緒に登壇者に花束を手渡すと、キャスト陣の瞳には涙があふれた。この様子に、英勉監督は「そんなに泣く? みんな号泣やん!」とひと言。涙をぬぐうメンバーを代表し、西野は最後に「旭たちの青春も私たちの青春も詰まった作品なので、ぜひたくさん広めていただいて、何回も観てくれたらうれしいなと思います」と観客に呼びかけていた。

(c)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (c)2011 こざき亜衣 / 小学館

音楽ナタリーをフォロー