音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

さくら学院に皿回し達人が誕生「大道芸の授業」で新たな才能発見

1163

さくら学院が9月18日に神奈川・はまぎんホール ヴィアマーレにて、公開授業イベント「大道芸の授業」を開催した。

「大道芸の授業」はプロジャグラーのハードパンチャーしんのすけを講師に迎え、3部制で実施された。1時限目には岡田愛、日高麻鈴、藤平華乃、有友緒心、2時限目には山出愛子、新谷ゆづみ、森萌々穂、八木美樹、3時限目には岡崎百々子、麻生真彩、吉田爽葉香、田中美空が出席。生徒たちはボールを使ったジャグリングの方法などをハードパンチャーしんのすけから学んだ。

デニムサロペット姿でステージに登場した生徒たちは、まずハードパンチャーしんのすけのデモンストレーションを観覧。1時限目に出席した藤平は「マジックかと思った」とハードパンチャーしんのすけのデビルスティックさばきに感動していた。大道芸の歴史などを座学で学んだあと、生徒たちはボールを3個使うカスケードという技を身につけるべく、実技に移る。岡田、藤平、有友が苦戦する中、日高は器用にボールを扱ってみせた。各回ボールジャグリング以外の大道芸にも挑戦。1時限目に出席した生徒たちは2本のスティックを使って、間にある1本のスティックを宙に浮かせるデビルスティックというジャグリングにチャレンジした。カスケードの練習まで終わり、最後に生徒たちはさくら学院の楽曲「夢に向かって」に乗せて習得した技を披露した。

2時限目では森萌々穂がボールのコントロールがうまくいかずに大苦戦。お手玉をやったことがあるという八木は、足の下にボールを通したり、複数のボールを上手にキャッチしたりと最年少ながら活躍した。この授業で新谷は皿回しという新たな特技を発見。ハードパンチャーしんのすけの実演を興味深そうに見つめていた彼女だったが、いざ自分で皿を回してみるとあっという間に成功し、驚きの表情を浮かべた。その後、新谷は何度か皿を回したが、いずれもすぐに成功。皿をポンと上に飛ばして再び棒の上に乗せたり、回る皿が乗った棒を手のひらに乗せたりと、難易度の高い技もやすやすとやってみせ、「あんなにお皿を回せるとは……」と新たな自分の才能に気付いた様子だった。

3時限目に出席したメンバーは技の習得が早く、トントン拍子で授業が進んでいく。中でも麻生は特技がけん玉ということもあってか、どの技もすぐにコツをつかみ笑顔でボールを操った。田中はほかの生徒と比べるとボールジャグリングがうまくできずに悔しそうな表情を浮かべていたが、ディアボロという中国ゴマの扱いをすぐに習得。“コマちゃん”と愛称を付けたオレンジのコマを自在に操り、何度も飛ばしてはキャッチを成功させた。吉田は右側から投げたコマを足をはさんで左側でキャッチするという難易度の高い技を達成。曲に乗せてこの技を披露する際には失敗してしまったが、大道芸に興味津々の様子だった。

またさくら学院は10月9日に東京・TSUTAYA O-EASTにて単独イベントを2公演開催。11月18、19日には神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場にて恒例のワンマンライブ「さくら学院祭☆2017」を行う。

夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2017年度 秋学期試験

2017年10月9日(月・祝)東京都 TSUTAYA O-EAST
OPEN 13:00 / START 14:00

さくら学院☆2017 ~放課後アンソロジー 紅葉のシャッフル・ナイト~

2017年10月9日(月・祝)東京都 TSUTAYA O-EAST
OPEN 17:15 / START 18:15

さくら学院「さくら学院祭☆2017」

2017年11月18日(土)神奈川県 KAAT 神奈川芸術劇場
2017年11月19日(日)神奈川県 KAAT 神奈川芸術劇場

※日高麻鈴の「高」ははしご高が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー