音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

THE ORAL CIGARETTES、佐藤健らと共に「亜人」完成披露上映会に登壇

7739

映画「亜人」完成披露上映会の様子。

映画「亜人」完成披露上映会の様子。

本日9月4日に東京・東京国際フォーラム ホールAで映画「亜人」の完成披露上映会が行われ、主題歌を担当するTHE ORAL CIGARETTES、キャストの佐藤健綾野剛玉山鉄二城田優千葉雄大川栄李奈山田裕貴浜辺美波、監督の本広克行が登壇した。

桜井画門による同名マンガを実写化した今作は、決して死なない新種の人類“亜人”同士の戦いを描いた作品。今回行われた上映会は、シークレットゲストのTHE ORAL CIGARETTESによる主題歌「BLACK MEMORY」の生演奏でスタートした。客電が落ちたあとステージの紗幕に「THE ORAL CIGARETTES SECRET LIVE」の文字が映し出され、会場に集まった観客は大興奮。紗幕が下りステージにTHE ORAL CIGARETTESの4人が見えると、会場は大きな歓声に包まれた。

山中拓也(Vo, G)は「こんにちは! THE ORAL CIGARETTESと申します! 今日は1日楽しんでいこうか!」と観客に呼びかけ、力を込めて楽曲を歌い上げていく。さらに観客が演奏中のメンバーに夢中になっていると場内に設置された円形ステージにスポットライトが当たり、そこには主演を務める佐藤健の姿が。佐藤は演奏を続けるTHE ORAL CIGARETTESをバックに、客席に向かってバズーカを打ち上げる。演奏の最後には山中もバズーカを持ち、佐藤と並んで花道を歩いた。

THE ORAL CIGARETTESがステージを去ったあと、綾野、玉山、城田らキャストがステージに登壇。司会者に「亜人」の撮影をする中で新鮮だったことを尋ねられると、佐藤は「観たことのあるようなアクションは1秒も要らないという気持ちで作らせていただきました。死なない者同士の戦いって一歩間違えると茶番になってしまうので。“亜人”だからこそできる、意味のある戦いにしなければいけないのは難しかったです」と語った。一方テロリスト役を演じた綾野は「佐藤健を追い込むのはなかなか楽しかったです」と楽しそうにコメント。その後綾野は会場から上がった「かわいい!」という声に対して「(佐藤と比べて)どっちが?」とおどけながらも、「彼(佐藤)とだったからこそ、あそこまでのアクションをやることができたと自負してます。新感覚のアクション映画になっていることは間違いない」と真剣な表情を見せた。

撮影を通して自身に起きた変化を問われると、佐藤は「自分は今回やられ役だったので、高いところから落ちたり痛い思いをして……撮影が終わったら2cmくらい首が縮んでて、剛に引っ張ってもらったんです」と冗談を言い会場の笑いを誘う。綾野が「体作りのために食事制限をしていて、健と2人で同じメニューをほぼ毎日食べてました」とエピソードを明かすと、佐藤は「白米が大好きなので、それを食べられない生活は苦しかったです」と撮影中の生活を振り返った。

その後メディア向けのフォトセッションが行われ、THE ORAL CIGARETTESが再びステージに登場。最後に佐藤が「映画は観ていると、ジェットコースターのようにあっという間に終わります。特にアクションシーンは目まぐるしく展開していくので、最後まで置いてけぼりにならないようしがみついてさえいてもらえば、楽しく見ていただけると思います」と観客にメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「亜人」は9月30日にロードショー。

音楽ナタリーをフォロー