音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

14歳ボーカリスト擁するSOLEIL、60'sテイストあふれるデビューシングル

301

14歳のボーカリストそれいゆを擁するバンド・SOLEILが、サリー久保田(ex. ザ・ファントムギフト / les 5-4-3-2-1)のプロデュースによるデビューシングル「Pinky Fluffy」を9月13日にVIVID SOUNDよりリリースする。

ボーカルとグロッケン演奏のそれいゆは、女子中学生ユニット・たんきゅんデモクラシーのメンバーとして活動していたボーカリスト。SOLEILはそれいゆを中心に、中森泰弘(G / ヒックスヴィルましまろ)、サリー久保田(B)、白根賢一(Dr / GREAT3)、井谷享志(Perc)、星野みちる(Cho)という強力なメンバーが集った新バンドだ。デビュー曲「Pinky Fluffy」は飯泉裕子(マイクロスター)が作詞、高浪慶太郎が作曲を手がけたオリジナルソングで、アンドレア・キャロル「なみだの16才」を彷彿とさせるオールディーズ感たっぷりの仕上がり。カップリングにはSwing Out Sisterが1980年代後半にヒットさせた「Breakout」を60's風にアレンジしたカバーが収録される。

シングルは“アナログ7inchレコード付き”CD仕様。VIVID SOUNDのYouTube公式チャンネルにはシングルリリースに先駆け、収録曲2曲の試聴動画がアップされた。

SOLEIL「Pinky Fluffy」収録曲

アナログ7inch

SIDE A
01. Pinky Fluffy

SIDE B
01. Breakout

CD

01. Pinky Fluffy
02. Breakout
03. Pinky Fluffy(instrumental)
04. Breakout(instrumental)

音楽ナタリーをフォロー