山下達郎「一・二を争う難しい注文でした」、JUMP山田主演映画の主題歌書き下ろし

342

山田涼介Hey! Say! JUMP)が主演を務める映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の主題歌が、山下達郎の新曲「REBORN」に決定した。

左から廣木隆一監督、山下達郎。

左から廣木隆一監督、山下達郎。

大きなサイズで見る(全5件)

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」ティザービジュアル。

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」ティザービジュアル。[拡大]

この映画は東野圭吾の同名ベストセラー小説を廣木隆一監督が実写化したもの。山田演じる養護施設育ちの青年・敦也と、西田敏行演じるナミヤ雑貨店店主・浪矢雄治の時代を超えてつながる絆を描く。

REBORN

山下達郎「REBORN」
Amazon.co.jp

主題歌「REBORN」は山下が“死生観”をテーマに約1カ月半かけて書き下ろした渾身のナンバー。原作に登場する「再生」と名付けられた楽曲を具現化してほしいという映画スタッフからの依頼を受け制作されたもので、このオファーについて山下は「映画の主題歌の仕事は、これまで何度も担当させていただきましたが、今回はその中でも一・二を争う難しい注文でした」とコメントした。なおこの楽曲は山下の通算50枚目のシングルとして9月13日にリリースされる。

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は9月23日より全国ロードショー。

山下達郎 コメント

映画の主題歌の仕事は、これまで何度も担当させていただきましたが、今回はその中でも一・二を争う難しい注文でした。東野圭吾さんの原作において、すでに「再生」(映画では「REBORN」)とタイトルが定められている曲を、映画の劇中に具現化し、さらにそれをエンドロールで私自身が歌うという、虚実ないまぜの世界が求められました。そのため、どの場面にも違和感のない曲調を実現するために、かなりの模索と推敲を要しました。そのおかげで、今までの自分の作品とはひと味違った、新たな作風が提示できたと思います。歌のテーマは「死生観」です。人はどこから来てどこへ行くのかという、根源的な問いに思いをはせていただくことで、映画のストーリーと併走し、盛り立てることができるのではと思っています。

廣木隆一監督 コメント

映画の主題を掬い取った静かで、力強く、そして優しく、見つめてくれた名曲だと思いました。

この記事の画像・動画(全5件)

山下達郎のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 山下達郎 / Hey! Say! JUMP / 山田涼介 / 廣木隆一 / 西田敏行 / ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年) の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。