音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48メンバーも涙、閉校前の小学校児童と触れ合う「願いごとの持ち腐れ」MV

412

AKB48「願いごとの持ち腐れ」のミュージックビデオのワンシーン。

AKB48「願いごとの持ち腐れ」のミュージックビデオのワンシーン。

AKB48の新曲「願いごとの持ち腐れ」のミュージックビデオショートバージョンがYouTubeで公開された。

「願いごとの持ち腐れ」は5月31日にリリースされるAKB48の48枚目のシングルの表題曲で、宮脇咲良と松井珠理奈がダブルセンターを務めるナンバー。2017年の「NHK全国学校音楽コンクール」にて中学校の部の課題曲として使用されたこの曲は、ロシア民謡を感じさせる6/8拍子の楽曲に仕上がっている。MVは3月に閉校した全校生徒12名の静岡・浜松市立鏡山小学校にて「別れ」をテーマに撮影され、映像には閉校前に学校を訪れたAKB48メンバーが給食や掃除の時間、合唱などを通じて児童と触れ合う姿が収められている。

昨日5月1日に行われたMVの先行上映会では映像を観て涙を流すメンバーもおり、宮脇は「本当に素敵な心が温まるMVになったんじゃないかなと思っています」とコメント。松井は「児童のみなさんや先生から私たちがパワーをいただいて、また明日から頑張ろうという気持ちになりました」と撮影の感想を語っている。

なおシングルには「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」の投票用シリアルナンバーカードが付属。発売日の5月31日に総選挙の速報が発表される。

宮脇咲良 コメント

今回私たちは鏡山小学校のこどもたちと本当に数日間一緒に過ごしたのですが、このMVの中には思い出がいっぱい詰まっていて、特に(子どもたちからの)先生への感謝のお手紙のときには、私たちも本当に涙ぐんでしまうくらい、子どもたちの思いが詰まっていて、本当に素敵な心が温まるMVになったんじゃないかなと思っています。

松井珠理奈 コメント

この試写会でミュージックビデオを初めて観て、撮影の時の事をまた思い出してジーンときてしまいました。今回のこの鏡山小学校お邪魔することになった時に、閉校になってしまうということでなにか思い出に残ったらいいなという気持ちで行かせていただいたのですが、みんなの笑顔を見たり、最後にはお手紙をいただいたりして、逆に児童のみなさんや先生から私たちがパワーをいただいて、また明日から頑張ろうという気持ちになりました。(この撮影を通して)本当に誰かのために、誰かを笑顔にしたいという気持ちがどんどん大きくなりました。このミュージックビデオを見て、一人でも多くの方の心が温まったらいいなと思いました。

音楽ナタリーをフォロー