音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「幸せすぎかよ!」フォーリミ主催「YON FES」コラボ続出の2日目にぎやかに終幕

4934

「YON FES 2017」2日日公演終了後の記念撮影。(Photo by Viola Kam[V’z Twinkle Photography])

「YON FES 2017」2日日公演終了後の記念撮影。(Photo by Viola Kam[V’z Twinkle Photography])

04 Limited Sazabysが主催する野外イベント「YON FES 2017」が4月1、2日に愛知県の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で行われた。この記事では2日目公演のレポートを掲載する。

雨模様の前日とは打って変わって、晴れ晴れとした青空が広がった2日目。最初にSKY STAGEに登場したフォーリミメンバーは、大喜びで2日目の開会宣言を行った。続いて同ステージに登場したトップバッター・sumikaはポップな「Lovers」や「MAGIC」、ダンサブルな「カルチャーショッカー」で心地よいサウンドを奏で、ハッピーな空気感を作り上げる。片岡健太(Vo, G)の「SKY STAGEのトップバッターに俺たちが抜擢された理由、04 Limited Sazabysに見せて帰りたい!」という言葉から届けられた「『伝言歌』」の曲中では、観客だけの大合唱がモリコロパークに響いた。LAND STAGEの一番手であるcinema staffは、キレのあるバンドサウンドと躍動感のあるパフォーマンスで「great escape」や「西南西の虹」などを届け、オーディエンスを熱狂させる。飯田瑞規(Vo, G)はフォーリミに向けて「名古屋でこの規模でライブができるのは正直嫉妬するけど、リスペクトしてます!」と力強く言葉を送っていた。

リハーサルの時点から「フォーリミすげーなー」と思いを語ったり、RYU-TA(G, Cho / 04 Limited Sazabys)のモノマネをしてファンを喜ばせたりしていたキュウソネコカミ。彼らのライブでは「KMTR645」でフォーリミメンバーがステージに登場し、曲にあわせた振り付けで盛り上げた。さらにバンドは「DQNなりたい、40代で死にたい」の曲中で「このフェスで一番有名な曲」としてフォーリミの「swim」をカバー。サビでは、ヤマサキセイヤ(Vo, G)がオーディエンスの頭上を“泳ぐ”パフォーマンスを見せた。go!go!vanillasは「ヒンキーディンキーパーティークルー」「カウンターアクション」といった牧歌的なロックンロールチューンでオーディエンスの体を揺らしていく。さらに新曲「平成ペイン」を初披露したのち、牧達弥(Vo, G)がフォーリミについて「自分たちのジャンルじゃない音楽も楽しめてるバンドだと思う」と語った。

重厚感のあるサウンドをモリコロパークに響かせ、場内をバンドの世界観で飲み込んだのは、フォーリミと同い年のCrossfaith。「Jagerbomb」ではKenta Koie(Vo)の指示により、PAテントを中心とした大きなサークルが発生した。また彼が「俺たちの代表曲であり、お前らの大好きな曲!」と紹介すると、GEN(B, Vo / 04 Limited Sazabys)がステージに登場し、Crossfaithの演奏に乗せてフォーリミの「monolith」を歌唱してオーディエンスを喜ばせる。またGENが去るとKoieは「これが俺たちの『Monolith』だ!!」とヘビーな自身の同名ナンバーを届けて観客を圧倒した。NAMBA69はNAMBA(Vo, B)の「今日のこの空最高だね! 上を向いて行こう!」という言葉から、新曲「LOOK UP IN THE SKY」や「SUMMERTIME」を披露してファンの体を揺らす。NAMBAが「みんなの時代だよ。みんなの時代。やっちまおーぜ!」と声を上げたラストナンバー「未来へ~It's your future~」ではダイバーが続出し、公園内に熱気が広がった。

東京スカパラダイスオーケストラは「DOWN BEAT STOMP」「道なき道、反骨の。」といった軽快なスカチューンでオーディエンスを踊らせていく。またメンバーもステージ上を動き回り、ハイテンションなアクトを見せていった。最後のMCでは谷中敦(Baritone Sax)がGENを呼び込む。GENが「日本で一番カッコいい先輩バンドです!」とスカパラへ愛あるメッセージを口にすると、谷中は「1曲一緒に踊ってってよ」と誘う。そしてほかの出演者もステージに招き入れて「All Good Ska is One」を演奏。ステージは大にぎわいとなった。「フォーリミに一番カッコいいバンドって思わせたい」と意気込んだのはフレデリック。彼らはGENが一番好きだという「峠の幽霊」を演奏してファンとGENを喜ばせる。さらに「オドループ」では「踊ってない夜を知らない」という歌詞を「踊ってない名古屋を知らない」と替えてファンと大合唱し「YON FES」への感謝を示した。

SKY STAGEのトリ前を任されたWANIMAは、「日本で一番フォーリミが好き!」というKENTA(Vo, B)の宣言から「ともに」を熱演。また彼が「流星群が大気圏を突破して……飛んできたら危ないけん。この凹んだ場所にうまくハマればいいな。“テトリス!”」とフォーリミのGENによるおなじみのMCを取り入れて声を上げると、昨年の「YON FES」に続いてフォーリミの「monolith」が演奏される。ステージにはフォーリミメンバーが飛び出し、GENとKENTAのツインボーカルで同曲が届けられた。「一晩語らんとフォーリミについては語り尽くせない。いつもいつも気にかけてくれてありがとうございます」とKENTAがメッセージを送ったあと、WANIMAはゲストとオーディエンス、そしてフォーリミに向けて「THANX」を演奏した。LAND STAGEのトリを務めたtricotの中嶋イッキュウ(Vo, G)は、「私たちがカッコ悪かったら、フォーリミの顔に泥を塗ることになるんで、めちゃくちゃカッコいいライブをして帰ります! かかってこいやー!!」と咆哮。「99.974℃」では、ヒロミ・ヒロヒロ(B, Cho)が観客の上に立つなど激しいパフォーマンスでダイバーを発生させた。最後に「YON FES」を作り上げたフォーリミを讃えた中嶋は「もうすぐフォーリミ始まっちゃうから、背中で聴いてもカッコいい曲やるんで、移動してもいいですよ」と観客に呼びかける。彼女たちはミディアムチューン「Break」で出番を終え、フォーリミへとバトンを渡した。

04 Limited Sazabysは「『YON FES 2017』大トリ、名古屋代表、04 Limited Sazabys始めます!」とのあいさつからライブをスタート。GENの伸びやかなボーカルから「Horizon」を始め、2曲目にこの日3度目となる「monolith」を投下する。KOUHEI(Dr, Cho)は笑顔で高速ビートを繰り出し、HIROKAZ(G)とRYU-TA(G, Cho)はカメラに向かっておどけた表情を見せたり、お立ち台に寝そべったりと楽しそうにステージ上を動き回った。MCではGENが「最高すぎてどうしよう!」と1日を振り返る。さらに「『音楽って素晴らしすぎ!』って思った」「バンドマンってマジでカッコいいなって思いました!」と興奮気味に喜びのコメントを重ねる。さらに「また1年間力を貯めて全国からいろんなバンドを名古屋に連れてきたい。また来年、ここで会いましょう」と再会を約束。そして「ハイスタ(Hi-STANDARD)とツーマンしても、武道館をやっても、まだまだ夢は叶え足りません。だから俺たちはまだまだ先へ進む!」と決意を露わにし、アグレッシブな「Feel」で本編を締めくくった。

アンコールではGENが改めて「まだまだカッコよくなれる自信がありますし、まだまだいい曲が作れる自信がある」と胸を張る。続けて「去年一番うれしかったことはハイスタとツーマンしたことだと思う」と言い、バンドはHi-STANDARD「MY FIRST KISS」のカバーをプレイ。最後のサビでステージ袖で見ていた出演者が続々登場し、さらにNAMBAがマイクへ進んでGENと共に同曲を歌唱し、フォーリミメンバーを喜ばせた。GENは「幸せすぎかよ! 愛がありすぎてどうしよう」と喜びを語り、バンドは最後に「swim」を演奏。フォーリミメンバーはほかの出演者に肩車されたり、担がれたりとステージは大盛り上がり。楽しげなムードに満たされて、2年目の「YON FES 2017」は幕を下ろした。

終演後、音楽ナタリーではメンバーに感想を聞いた。GENは「誰よりも楽しんだし、誰よりも幸せだった自信があります」と声を弾ませ、RYU-TAが「また来年もできるように精進していこうと思います」と来年への意欲を見せた。

終演後メンバーコメント

KOUHEI(Dr, Cho)

めちゃめちゃ幸せでした。バンドマン、お客さん、関係者含め、協力してくれたいろんな人に力もらって、身が引き締まりました。いい経験させてもらったと思っています。

RYU-TA(G, Cho)

この2日間、すごく自信になった。お客さんがいるからこそ、俺らがいるんだなと思ったし、逆にお客さんにとっては俺らが希望になっているのかなと。「やるかやらないか」じゃなくて「やるかやるか」だなとこの2日間で思いました。また来年もできるように精進していこうと思います。

HIROKAZ(G)

やっぱり先輩が強かった。「まだまだやな」と思いましたし「やっぱり先輩カッコいいな」と思ったので、また来年もそういう刺激をもらえたらいいなと思いました。

GEN(B, Vo)

本当に2日間めちゃめちゃ楽しくて。誰よりも楽しんだし、誰よりも幸せだった自信があります。大人になってもこういう文化祭みたいなことがあればがんばれちゃうなと思いました。やっぱり先輩たちはすごかったし、先輩たちを見てて「バンドマンってカッコいいな」ってすごく思いましたね。

※Jagerbombはaにウムラウトマーク付きが正式表記。

※記事初出時、一部楽曲名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連する特集記事

「YON FES 2017」開催記念 04 Limited SazabysインタビューPR

音楽ナタリーをフォロー