アルスマグナ“メイトと共に”さらなる高み見据えた2度目の日本武道館

1894

アルスマグナが昨日3月28日に東京・日本武道館にてワンマンライブ「ARSMAGNA Special Live 私立九瓏ノ主学園 平成28年度 全国生徒決起集会」を開催した。

アルスマグナ(Photo by NAITO)

アルスマグナ(Photo by NAITO)

大きなサイズで見る(全12件)

「全国生徒決起集会」は、アルスのメンバーが通う私立九瓏ノ主学園の1年に1度の総決算として、学園に関係する様々なキャラクターが総出演するライブイベント。本年度の公演は、アルスにとっては2度目のワンマン開催となる日本武道館で行われた。

アルスマグナ(Photo by NAITO)

アルスマグナ(Photo by NAITO)[拡大]

武道館に目覚まし時計のアラーム音が響くとライブが幕開け。「私立九瓏ノ主学園校歌~ゴキゲンROCK VER.~」に乗せてアルスマグナのメンバーがあくびをしながらステージに姿を見せるとアルスメイト(アルスマグナファンの総称)は大きな歓声を上げる。ステージ上では遅刻した神生アキラを中心とする登校時のドタバタ劇がダンスパフォーマンスで表現され、アルスの5人は風紀委員や教諭たちといった九瓏ノ主学園の仲間と華やかな群舞を披露した。

HEROとパクドル。(Photo by NAITO)

HEROとパクドル。(Photo by NAITO)[拡大]

続けて5人は挨拶とばかりに「ボカロメドレー」で得意の高速ダンスを披露。すると舞台には九瓏ノ主学園学園長の九瓏アイ(佐久間レイ)が現れ、賑々しく全国生徒決起集会の開会を告げた。ライブ冒頭に届けられたのは、各メンバーをフィーチャーしたソロコーナー。最初に登場した神生は、自身のボーカロイド「アルスロイド」とラップバトルを繰り広げる「アキラップ(仮)」で高速ラップを披露して新たな一面を提示する。泉奏は彼の兄・泉弦役にヴァイオリニストのTAIRIKUを迎え、コラボパフォーマンス「Blue Rose」を披露。「ダンスを続けたい」という意思を兄に伝えるため、弦の奏でる旋律に乗せて奏が優雅に舞台上を舞うと、アルスのメンバー4人も登場して彼のダンスを彩った。

榊原タツキ(Photo by NAITO)

榊原タツキ(Photo by NAITO)[拡大]

また、朴ウィトに“そっくり”のK-POPアーティスト・パクドルは、彼の弟・HEROとのコラボナンバー「Perfect Match feat. HERO」を初披露した。純白の衣装に身を包んだ2人はバックダンサーを従えてさわやかに躍動すると、4月19日にリリースされるパクドルの1stアルバム「Yes…」をしっかりとPRしてステージを去る。シーンが榊原家のお屋敷内に移ると、榊原タツキとメイドたちによる「夢路香りて宴と為す」へ。この曲の途中にはタツキの友達のウサギのぬいぐるみ・コンスタンティンが人間に姿を変えて登場し、タツキとのペアダンスを楽しげに踊って会場を沸かせた。ソロパートのラストを飾った九瓏ケントは執事たちを従え、「NAzNA」でダークな世界観を提示する。妖しげな笑みを浮かべながら舞台上を闊歩するケントの姿を、アルスメイトは息をのむように見つめていた。

アルスマグナ(Photo by NAITO)

アルスマグナ(Photo by NAITO)[拡大]

ケント、ウィト、タツキ、奏による剣舞、アキラが熱い歌声を聴かせた「ミロク乃ハナ」を経て、ライブは後半戦へ。学園の制服に着替えた5人は「クラウドライダー」で表情豊かにアクロバティックなパフォーマンスを見せる。最初のMCではアキラが「武道館! 2度目!!」と絶叫。ウィトは「武道館? 決起集会? 関係ねえ! みんな思いっきり楽しむだけだろ!」と言い放ち客席を大いに盛り上げた。続く「勝手に親衛隊」ではスタンドマイクを手に体を揺らすメンバーが「武道館ライブを終えて、大好きなあの子にとびっきりの告白」をテーマに、甘い言葉のマイクリレーで黄色い歓声を誘う。そして、無数の火柱が上がる演出とともに届けられた「炎上ダンシング」のあとにはきただにひろし扮する喜多渓ヒロヤが登場。彼は「みんなの歌とダンスを見てたらさ、俺も歌いたくなっちゃったよ!」と言って「ウィーゴー!」をスタートさせ、アルスの5人のパフォーマンスをバックに突き抜けるような歌声を武道館に響かせた。

喜多渓を見送ると5人はアルスメイトと向き合い、アキラは「次の曲は、この春に新生活を迎える皆さんの背中を押せるような応援ソングです」と告げる。ここで披露されたのは最新曲「絆ストーリー」で、アルスの面々はさわやかにこの曲を歌い踊った。タオル回しでステージと客席が一体となった「ボクはつづく」、アルスメイトの大合唱に5人が笑顔を浮かべた「HIGH FIVE ~Type A.R.S~」で本編は終幕。メンバーは客席へ大きく手を振って舞台をあとにした。

アルスマグナの武道館公演の様子。(Photo by NAITO)

アルスマグナの武道館公演の様子。(Photo by NAITO)[拡大]

アンコールは「サンバ DE わっしょい!」でスタート。勢いよくステージに戻った5人は「次はみんなの声を聴かせてくれ!」と叫び、さらなる歓声を求める。メンバーは舞台上に大きく広がって客席を盛り上げ、会場の熱狂はぐんぐんと高まっていった。この曲を終えると5人は挨拶に立ち、タツキは「2度目の武道館に立てていることが夢のようです。これからも一緒に歩いてください」とアルスメイトに伝える。またウィトは「ここで受け取ったものを明日からのパワーにして笑顔で頑張れるよう、願っています!」と明るく呼びかけた。奏はグループに入ったことで「自分の人生が180度変わった」と明かし「幸せを感じるときはいつもアルスメイトやメンバーの存在があります。俺が俺でいられるのは、メイトやメンバーがいるから」と胸の内を語る。アキラは「“アルスの輪”をどんどん大きくして、最終的に世界征服しよう!」と会場を見渡した。最後にケントは「アルスメイトが自慢できるアルスマグナになる!」と誓い、「アルスはメイトと共に」と優しくつぶやく。5人はラストナンバーとして「スターメイト」をアルスメイトへ贈り、2度目の武道館ライブを終えた。

この記事の画像(全12件)

アルスマグナ「ARSMAGNA Special Live 私立九瓏ノ主学園 平成28年度 全国生徒決起集会」
2017年3月28日 日本武道館 セットリスト

01. 私立九瓏ノ主学園校歌~ゴキゲンROCK VER.~
02. ボカロメドレー
03. Preasure! Treasure!
04. アキラップ(仮)
05. Blue Rose
06. Perfect Match feat. HERO
07. 夢路香りて宴と為す
08. NAzNA
09. Red or White
10. ミロク乃ハナ
11. クラウドライダー
12. 勝手に親衛隊(コンちゃん入り武道館 Ver.)
13. 炎上ダンシング
14. ウィーゴー!
15. 絆ストーリー
16. ボクはつづく
17. HIGH FIVE ~Type A.R.S~
<アンコール>
18. サンバ DE わっしょい!
19. スターメイト

全文を表示

関連記事

アルスマグナのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 アルスマグナ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。