音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

LiSA、横アリ舞台に縦横無尽に遊びまくった“the Sun”&“the Moon”ライブ

2267

LiSA(Photo by hajime kamiiisaka)

LiSA(Photo by hajime kamiiisaka)

11月26日と27日、LiSAがライブ「LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~」を神奈川・横浜アリーナで開催した。

このライブはLiSA初のアリーナ公演。彼女は初日26日公演を「the Sun」、2日目27日公演を「the Moon」と銘打ち、それぞれセットリストの異なるライブを行った。

the Sun

初日「the Sun」公演は、“サン”という少女の冒険譚という形で進行する。“サン”が姉の“ムーン”とケンカして家を飛び出し、LiSAのマスコットキャラクターでもある不思議なカエル・モモコと出会い、怪物から世界を救う旅に出るというオープニングアニメの上映が終わるや、LiSAは横アリの巨大ステージにポップアップ。「飛ばしていくよ!」の宣言通り、「コズミックジェットコースター」「Rally Go Round」とアッパーチューンを2連投し、ダンスロックナンバー「say my nameの片想い」ではセンターステージへと長く長く伸びたランウェイを満面の笑みで闊歩しながら、1万3000人のLiSAッ子(ファン)を揺らした。

その後「the Sun」の頭文字を取って「ドSのライブを観に来たということは、皆さん、Mだからね」「恥ずかしいこともやってくれるってことでしょ」といたずらっぽく笑ったLiSAは、LiSAッ子たちに振り付けをレクチャーすると、彼らと共にチップチューンライクな「エレクトリリカル」をダンス。またこの曲で鍵盤ハーモニカソロを響かせ、続く「ANTIHERO」でノイジーにギターをストロークしてみせた彼女は「DOCTOR」「L.Miranic」とハードなナンバーを重ねたかと思えば、フォーキーな「僕の言葉で」でアリーナいっぱいにジェントルな歌声を響かせ、別れの歌ながらもどこかポジティブな「ツヨガリ・ファンファーレ」では会場全員と「Goodbye, see you again.」「"Thank you" to you my dear.」とシンガロングするなど、“Mな”LiSAッ子たちを楽しく翻弄しまくった。

“サン”がパンダの占い師の助言もあって、自転車に乗って“ムーン”との仲直りに向かう煽り映像から始まったライブ後半戦のLiSAはアリーナをめいっぱい使った演出でLiSAッ子たちを魅了する。ヘッドセットマイクで「ジェットロケット」を歌うと、次の「ラブリーデイ」ではピンクの自転車と共にフライング。横アリ“上空”でこの曲を歌いながら、アリーナ最奥の浮島ステージまで移動すると、そこで待ち受けていた“サン”と“ムーン”に扮した2人の女性ダンサーと仲直りを祝して「BRiGHT FLiGHT」で巧みなシンクロダンスを披露する。また「rapid lifeシンドローム」をパフォーマンス中にトロッコに変身した浮島ステージと共にセンターステージに移動した彼女はハードコアナンバー「She」ではランウェイからせり出してきた巨大クレーンに乗って、再び横アリ“上空”へ。またも十数メートルの高さで1万3000人のデスボイスでのシンガロングを煽ってみせた。

そしてキラーチューン「Rising Hope」の終盤、メインステージ奥に登場した巨大な怪物のオブジェを“打倒”したLiSAは「お祝いの歌」だと語る、デビュー5周年記念ナンバー「Hi FiVE!」をLiSAッ子たちと大合唱したのちには、それまでのワイルドなスタイリングから一転、フェミニンなホワイトのワンピースにお色直しして、まさにこの日のステージを象徴するかのような1曲「終わらない冒険」を高らかに歌い上げた。

その曲中、感極まってランウェイで泣き崩れ、また「みんなの毎日が全部全部“グローリー”につながってますように!」「みんなが毎日の全部全部を愛していけますように!」と願った彼女は、アンコールのステージに現れると「新曲やります」と「Catch the Moment」を初披露。この曲を含むシングルを2017年2月にニューシングルをリリースし、初夏に東名阪のアリーナツアーを開催することをアナウンスして、フロアの大歓声を誘うと「そのまま全部を爆発させてよ!」とパーティチューン「halo-halo」と出世作の1つ「best day, best way」をドロップして「the Sun」公演を締めくくった。

the Moon

2日目「the Moon」公演は、初日のヒロイン“サン”の姉、“ムーン”の物語。当日LiSAは、“サン”とケンカして家を飛び出しながらも、どこかで彼女のことを心配しながらも、モモコと共に世界を救うストーリーをなぞりながら、ステージを繰り広げた。

グリーンのレーザー光がアリーナ狭しと飛び交う中「crossing field」を歌い上げたLiSAは昨日とは打って変わったセットリストを構成。「ROCK-mode」「Bad Sweet Trap」とハードな楽曲を続けると、その後もストレンジなピアノロック「ヒトリワラッテ」や、センターステージに設えられたお立ち台に乗ってジュリ扇片手に1万3000人を煽るダンスナンバー「Psychedelic Drive」を連発する。「誰かの優しさが誰かに届きますように」と願いながら歌ったバラード「シロイトイキ」ののちにも、セクシュアルなリリックが刺激的な「蜜」や、真紅の照明に照らされながらシリアスに歌い上げる「traumerei」とタフなナンバーを続けて、“M”公演にやってきたSっ気の強いLiSAッ子たちを大いに盛り上げた。

前日の映像とは対照的に“ムーン”が自転車で“サン”を探しに行く煽り映像を挟んで、「WiLD CANDY」でまたも自転車でフライングしたLiSAは、アリーナ奥の浮島ステージに到着すると、ダンサー陣と「アシアトコンパス」のモータウンビートに乗せてステップを踏み、「エスケープゲーム」では客席を青いペンライトを灯す上手側“ムーン”チームと、赤いペンライトの下手“サン”チームに分断。曲中に「ムーン!」「サン!」とそれぞれを煽っては、盛り上がりっぷりを競わせるゲームを繰り広げるなど、ライブ中盤にはアッパーで陽性なステージングを展開した。そして前日同様、クレーンにリフトされながら叩き込んだ「She」や、やはり怪物を“打倒”した「Rising Hope」とそれを祝す「Hi FiVE!」をパフォーマンスし、LiSAとLiSAッ子の物語がこれからも続いていくことを喜ぶ「終わらない冒険」を涙ながらに歌い上げて、ステージをあとにした。

アンコール中「昨日も来た人はもう1回驚いてもらっていいですか?」と笑いながら、アリーナツアーを開催することと、ニューシングル「Catch the Moment」をリリースすることをアナウンスした彼女は、前日に続いて「Catch the Moment」をパフォーマンス。これに大いに盛り上がるLiSAッ子たちを前に「こうやって大事な時間を1つ重ねたらまた次に会えることを期待していいよね」「さよならは寂しいけど“ツヨガ”ってもいいよね」と、彼らと「ツヨガリ・ファンファーレ」で声を重ねると、やにわにステージを降り、先ほどフライングに使った自転車で客席を一周しながら「best day, best way」を歌い上げて「the Moon」公演と、2日にわたるアリーナ公演の幕を下ろした。

LiSA「LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~ the Sun」
2016年11月26日横浜アリーナ セットリスト

01. コズミックジェットコースター
02. Rally Go Round
03. say my nameの片想い
04. エレクトリリカル
05. ANTIHERO
06. DOCTOR
07. L.Miranic
08. 僕の言葉で
09. 変わらない青
10. ツヨガリ・ファンファーレ
11. ジェットロケット
12. ラブリーデイ
13. BRiGHT FLiGHT
14. confidence driver
15. rapid lifeシンドローム
16. Brave Freak Out
17. She
18. Rising Hope
19. Hi FiVE!
20. 終わらない冒険
<アンコール>
21. Catch the Moment
22. halo-halo
23. best day, best way

LiSA「LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~ the Moon」
2016年11月27日 横浜アリーナ セットリスト

01. crossing field
02. ROCK-mode
03. Bad Sweet Trap
04. アコガレ望遠鏡
05. ヒトリワラッテ
06. DOCTOR
07. Psychedelic Drive
08. シロイトイキ
09. 蜜
10. traumerei
11. No More Time Machine
12. WiLD CANDY
13. アシアトコンパス
14. エスケープゲーム
15. Rally Go Round
16. Brave Freak Out
17. She
18. Rising Hope
19. Hi FiVE!
20. 終わらない冒険
<アンコール>
21. Catch the Moment
22. ツヨガリ・ファンファーレ
23. best day, best way

音楽ナタリーをフォロー