音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

超特急タクヤ、映画「兄こま」で土屋太鳳に迫る“ホスト系イケメン”に

2409

左から美丘千秋役の草川拓弥(超特急)、芹川国光役の杉野遥亮。

左から美丘千秋役の草川拓弥(超特急)、芹川国光役の杉野遥亮。

超特急のタクヤこと草川拓弥が、2017年夏に公開される映画「兄に愛されすぎて困ってます」に出演することが発表された。

「兄に愛されすぎて困ってます」は夜神里奈の同名マンガの実写化作品で、告白12連敗中の女子高生・橘せとかに突然訪れた人生初のモテ期を描く。せとか役には土屋太鳳、せとかを見守る妹思いの兄・橘はるか役には片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、せとかの初恋の相手である超毒舌なセレブ研修医・芹川高嶺役には千葉雄大が決定している。

草川が演じるのは、せとかの先輩でいつでも彼女をお姫様扱いする“ホスト系イケメン”の美丘千秋。作品に登場する人物の中で一番の王子様キャラという役柄だ。草川は千秋役について「初めての王子様キャラということもあり、不安とワクワクに駆られながら、必死に役に入り込みました。是非、千秋の王子様感に“少しの違和感”を感じながら観て頂けると嬉しいです」とコメントしている。

なお、高嶺の弟でせとかの同級生・芹川国光役には杉野遥亮、千秋の妹でせとかの同級生・美丘千雪役には大野いと、せとかが恋する剣道部のイケメン・鈴木君には神尾楓珠、せとかの母・橘あずさ役にはYOUが決まったこともあわせて発表された。

草川拓弥(超特急)コメント

僕は、今回の作品が約1年ぶりの芝居でした。
初めての王子様キャラということもあり、不安とワクワクに駆られながら、必死に役に入り込みました。
河合監督とも沢山話をさせて頂き、振り切っていこうと覚悟を決めました。
河合監督はとても気さくな方で、撮影中は台本に描かれていないコメディー感も引き出してくださり、演じていてたまらなく楽しかったです!そして撮影現場も原作のようにあたたかい雰囲気で、とても良い刺激を受けました。
是非、千秋の王子様感に“少しの違和感”を感じながら観て頂けると嬉しいです。

杉野遥亮 コメント

クランクイン前、何度かリハーサルを行いましたが、なかなか思うように国光を掴むことができず、悔しい思いをしました。 不安でいっぱいな状態のまま撮影に入ったのですが土屋さんを始めとするキャストの皆や、スタッフさんの醸し出す楽しい現場の雰囲気が僕の国光を作ってくれました。
大変だった分、大切な作品になったと思います。

(c)2017「兄こま」製作委員会 (c)夜神里奈 / 小学館

音楽ナタリーをフォロー