音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

aiko、海亀ドラマに新曲「あの子の夢」提供

秋からスタートするNHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」に、aikoが主題歌として新曲「あの子の夢」を提供していることが明らかになった。

「ウェルかめ」は徳島市を舞台に、海亀に導かれるように人生を歩んでいくヒロインと、その家族や仲間たちが繰り広げる青春ドラマ。主人公の浜本波美役は、倉科カナが務める。

主題歌に起用された「あの子の夢」は、ハートウォーミングなドラマを彩るアップテンポな1曲。aikoは「夢に向かって頑張ってゆく女性はステキ! そんなドラマに私の曲を使って頂きありがとうございます。少しでもお役に立てますように!!」と熱いコメントを寄せている。

「ウェルかめ」制作統括 六山浩一チーフ・プロデューサーコメント

aikoさんが素敵な曲を作り、歌ってくれました。苦しくせつない日々であっても、今日という日は必ずやってくる。悔しくて涙する夜があっても、必ず朝はくる。だから、ゆっくりと一歩ずつでも、前を向いて歩いていこうとする女の子の歌です。

初めて聴かせていただいた瞬間、その詞と歌声にすっかり魅了されてしまいました。そして連続テレビ小説(通称「朝ドラ」)に、これほどふさわしい曲はないと感じました。

「朝ドラ」は、若い女性の物語。aikoさんほど、女性の気持ちを、やさしく、せつなく歌えるアーティストは他にいないと感じていました。そして、「あの子の夢」という、愛らしくチャーミングな曲をいただきました。

「今朝は何を食べましたか?」そんな言葉とともに、毎朝の「ウェルかめ」をお届けできることを、私自身とても嬉しく思いますし、また、視聴者の皆さまも、この言葉、この曲とともに「ウェルかめ」をご覧いただき、毎日を少しでもポジティブな気持ちで始めていただければ、これ以上の幸せはありません。早く、この曲、このドラマを、皆さまの元へ届けたい。今は、そんな気持ちで一杯です。どうぞ、お楽しみに!

倉科カナ(浜本波美役)コメント

aikoさんが主題歌を歌って下さると聴いてとっても嬉しかったです!!

『あの子の夢』が流れ『ウェルかめ』はスタートします!!

オープニングからaikoさんが歌う歌に合わせてドラマのキャラクターが一人一人飛び出して来るような気がしました♪曲とドラマの一体感を感じました☆

aikoさんの歌の中の女の子のように波美を演じられるよう、私も頑張ります!aikoさん、ありがとうございました。そして皆さま、よろしくお願いします!!

音楽ナタリーをフォロー