音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

観に行かないやつは呪われる!デーモン閣下が「貞子vs伽椰子」をアピール

437

「貞子vs伽椰子」の完成記念イベントの様子。

「貞子vs伽椰子」の完成記念イベントの様子。

昨日5月23日に東京・クラブeXにて開催された映画「貞子vs伽椰子」の完成記念イベントに、主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」を提供した聖飢魔IIデーモン閣下が出演した。

「貞子vs伽椰子」は、ホラー映画「リング」シリーズのヒロイン・貞子と、「呪怨」シリーズのヒロイン・伽椰子が、ある霊媒師の企てにより直接対決する映画。イベントにはデーモン閣下のほか、監督の白石晃士、映画に出演している山本美月玉城ティナ佐津川愛美が参加した。

まずはデーモン閣下を除く4人がステージに登場し、映画にまつわる裏話を語った。トークが盛り上がってる最中に高らかな笑い声が響くと「楽しそうに映画の話をしているじゃないか。平和ボケした諸君らを地獄に引きずり込んでやる!」という言葉とともにデーモン閣下が姿を現した。さらに彼は貞子と伽椰子をステージに召喚。貞子と伽椰子が取っ組み合いを始めると、デーモン閣下が「そのくらいにしておけ」とたしなめる。その様子を見て山本は「楽しいですね!」と声を弾ませ、玉城は「怖いです……」と恐れおののいていた。

その後、デーモン閣下は主題歌のオファーがあったとき「『映画の曲を作らないか? 締め切りは20日後、どうする?』っていう話だったんだ」と締め切りが厳しかったことを暴露。さらに「(歌詞について)こんな点に気を付けてくれと言われたんだ……『貞子と伽椰子、バランスよく』と。大事なことだな」と豪快に笑った。また彼は「我輩もこの映画を試写会で観たんだけども、非常に面白いね。ずっとワクワクが続き、最後は『へえー』ってなる(笑)。観に行かないやつは……呪われる!」と断言し映画をアピールしていた。

「貞子vs伽椰子」は6月18日より全国ロードショー。

(c)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー