映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ホラー好き山本美月も大興奮、デーモン閣下が貞子&伽椰子をたしなめる

396

「貞子vs伽椰子」の完成記念イベントの様子。

「貞子vs伽椰子」の完成記念イベントの様子。

貞子vs伽椰子」の完成記念イベントが、本日5月23日に東京・クラブeXにて開催され、キャストの山本美月玉城ティナ佐津川愛美、監督の白石晃士、主題歌を担当した聖飢魔IIデーモン閣下が登場した。

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズの白石がメガホンを取った本作は、ジャパニーズホラーをけん引してきた2大キャラクター、「リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子が対決するスリラー。

まずステージにはキャストと監督の4人が上がった。本作のオファーを受けたときの感想を、山本は「もともとホラーが好き。『リング』と『呪怨』の両方に出られることなんて、普通ないじゃないですか。だからラッキーって思いました」と、玉城は「ホラーはあまり観たことがないんですが、貞子と伽椰子が戦うっていったいどういうことなんだろう?っていう興味が勝ちました」と振り返る。

白石は、主人公の有里を山本で当て書きしたと話す。それを受け山本は「有里は本当に性格のいい役なんですよ! こんなに性格よく見えてるんだって思ってうれしかったです」と笑顔に。役作りについて聞かれると、親友役の佐津川を見つめながら「とにかく親友を愛してました。空き時間もベタベタしたり」と回答。佐津川は「妙に懐かれてるなと思いました(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

トークの最中に突然大きな笑い声が響き渡り、「楽しそうに映画の話をしているじゃないか。平和ボケした諸君らを地獄に引きずり込んでやる!」と宣言しながらデーモン閣下が登場。彼に紹介されて、ステージ後方の階段からは伽椰子と俊雄が、そしてステージ中央に出現した井戸からは貞子が現れる。さっそく取っ組み合いを始める貞子と伽椰子を、デーモン閣下が「そのくらいにしておけ」とたしなめる一幕も。彼らの登場に「楽しいですね!」と声を弾ませる山本に対し、玉城は「怖いです……俊雄くんも怖い」と瞬きもせず彼女を見つめる俊雄に怯えた。

デーモン閣下は、主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」を提供したきっかけを「『映画の曲を作らないか? 締め切りは20日後、どうする?』っていう話だったんだ」と暴露。さらに歌詞に関しては「こんな点に気を付けてくれと言われたんだ……『貞子と伽椰子、バランスよく』と。大事なことだな」と明かし笑いを誘う。

ここで、現在映画の公式サイトで展開されている「呪い勝つのは、どっちだ!? 総選恐キャンペーン」の中間報告が行われた。本日17時までの段階では、貞子が2万4986、伽椰子が1万8693という得票数に。このイベント会場と生配信中だったニコニコ生放送でも投票が行われたが、同じく貞子が勝利する結果となった。同時に総選挙の最終勝利者は初日舞台挨拶に登壇できること、敗者には罰ゲームとして都内某所でのゴミ拾いが課されることが発表されると、伽椰子も必死の形相を見せた。

最後にデーモン閣下は「我輩もこの映画を試写会で観たんだけども、非常に面白いね。ずっとワクワクが続き、最後は『へえー』ってなる(笑)。観に行かないやつは……呪われる!」と断言。山本は「純粋にみんなで驚ける映画になっていますので、お化け屋敷に入るような感覚で大勢で楽しんでいただけたら」とアピールした。

「貞子vs伽椰子」は6月18日より全国ロードショー。4DX、MX4D、ドルビーアトモスでの上映も決定している。

(c)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

映画ナタリーをフォロー