音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「対バンっていいな」ねごと、パスピエと迎えた「お口ぽかーん!?」千秋楽

560

ねごと(Photo by AZUSA TAKADA)

ねごと(Photo by AZUSA TAKADA)

ねごとの対バンツアー「ねごと presents“お口ぽかーん!? ~つまり2マンツアー 2016~”」の最終公演が、4月4日に東京・TSUTAYA O-EASTにて行われた。

「自分たちが今、もっとも対バンしたいアーティスト」を招き、全国5カ所を回ったねごと。最終公演ではパスピエとの競演を繰り広げた。先攻はゲストであるパスピエが担当。大きな拍手に迎えられて登場した彼らは、序盤から「トキノワ」「とおりゃんせ」といったナンバーで会場に熱狂を作り出す。大胡田なつき(Vo)は「ねごとファンの皆さんにも何かを残して帰れるようないいライブをしていこうと思います」と意気込み、「蜘蛛の糸」や「シネマ」などでオーディエンスを踊らせてねごとにバトンを渡した。

対するねごとは長い前奏を加えた「DESTINY(long ver.)」でライブの口火を切り、骨太なアンサンブルでフロアを圧倒していく。その後に披露した「シンクロマニカ」ではオーディエンスにクラップを求めたり、「GREAT CITY KIDS」では蒼山幸子(Vo, Key)の呼びかけでコール&レスポンスを行ったりと会場に一体感をもたらした。またMCで蒼山は「今回ひさしぶりの対バンツアーということで、本当に刺激をもらえた、改めて対バンっていいなと思えたツアーでした」と、充実したツアーとなったことを競演バンドの名前を1つひとつ挙げながら振り返っていた。

ライブの中盤戦では、東京では初披露となる新曲2曲を連続してプレイし、自分たちの最新のモードを観客に印象付けた彼女たち。後半戦に突入すると「ループ」「透明な魚」といったアッパーなナンバーを披露してフロアの高揚感を煽り、最後に壮大な「endless」を届けてライブ本編に幕を下ろした。

なおアンコールでメンバーは「近々、きっといいお知らせができると思うので、これからもねごとをよろしくお願いします!」と大きな声で約束。さらなる飛躍を誓って「ねごと presents“お口ぽかーん!? ~つまり2マンツアー 2016~”」を締めくくった。

「ねごと presents“お口ぽかーん!? ~つまり2マンツアー 2016~”」
2016年4月4日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

パスピエ

01. トキノワ
02. とおりゃんせ
03. 裏の裏
04. チャイナタウン
05. フィーバー
06. 蜘蛛の糸
07. シネマ
08. MATATABISTEP

ねごと

01. DESTINY(long ver.)
02. シンクロマニカ
03. 真夜中のアンセム
04. 未来航路
05. 黄昏のラプソディ
06. GREAT CITY KIDS
07. カロン
08. 新曲
09. 新曲
10. ループ
11. nameless
12. 透明な魚
13. endless
<アンコール>
14. sharp♯
15. 憧憬

音楽ナタリーをフォロー