極彩SuG、極悪SuGへのリベンジに燃え東京公演は一歩リード

1063

SuGが昨日12月25日に東京・ディファ有明にて「VersuS 2015 極彩SuG VS 極悪SuG」の2日目公演を開催。約2時間にわたって“極彩SuG”によるライブを展開した。

「VersuS 2015 極彩SuG VS 極悪SuG」2日目公演の様子。 (撮影:洲脇理恵[MAXPHOTO])

「VersuS 2015 極彩SuG VS 極悪SuG」2日目公演の様子。 (撮影:洲脇理恵[MAXPHOTO])

大きなサイズで見る(全9件)

武瑠(Vo) (撮影:洲脇理恵[MAXPHOTO])

武瑠(Vo) (撮影:洲脇理恵[MAXPHOTO])[拡大]

左からyuji(G)Chiyu(B)、masato(G)。 (撮影:洲脇理恵[MAXPHOTO])

左からyuji(G)Chiyu(B)、masato(G)。 (撮影:洲脇理恵[MAXPHOTO])[拡大]

「VersuS」はSuGが“極悪SuG”と“極彩SuG”として対決を行うというコンセプトライブ。公演中に数回、集音器で歓声の大きさを測り、合計デシベル数が高かったほうの写真集が制作される。東京公演2日目のこの日は、前日のダークな雰囲気の極悪SuGに対してポップでカラフルな魅力を持つ極彩SuGが登場。昨年極悪SuGに勝利を譲りリベンジに燃える彼らは、序盤からノリのいいナンバーを連発し、コール&レスポンスや手振りで観客と早くもひとつになる。武瑠(Vo)は「昨日の極悪SuGもなかなか(デシベル数が)いったみたいだけど、今日は完璧に盛り上げて完全勝利したいと思います!」と宣言した。

司会兼レフェリー役の星野卓也がこの日の合計デシベル数を発表する様子。 (撮影:洲脇理恵[MAXPHOTO])

司会兼レフェリー役の星野卓也がこの日の合計デシベル数を発表する様子。 (撮影:洲脇理恵[MAXPHOTO])[拡大]

極彩SuGは、ポップな楽曲のみならず「teenAge dream」などの切ないラブソングや懐かしいナンバーも盛り込んだ多彩なセットリストを用意。ラストスパートに入る頃の「CRY OUT」では、武瑠が「この曲、ヨーロッパツアーで最高の声聞いてきたから、日本で負けんじゃねーぞー!」と叫び、手拍子やジャンプを煽って盛り上がりに拍車をかけた。その後、アンコールでもメンバー5人は「最高にカラフルな景色見せてくれ!」と呼びかけつつ、自分たちも楽しそうな笑顔でパフォーマンス。結果、合計デシベル数は前日の505デシベルを上回る519デシベルを叩き出し、極彩SuGが一歩リードとなった。

なお「VersuS 2015 極彩SuG VS 極悪SuG」では、12月28日に極悪SuG、29日に極彩SuGのライブを大阪・松下IMPホールで実施。大阪公演の結果を含めて勝敗が決定する。

この記事の画像(全9件)

SuG「VersuS 2015 極彩SuG VS 極悪SuG」(※終了分は割愛)

2015年12月28日(月)大阪府 松下IMPホール
※“極悪SuG”によるライブ
2015年12月29日(火)大阪府 松下IMPホール
※“極彩SuG”によるライブ

全文を表示

関連記事

SuGのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SuG の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。