Crystal Lake「これが見たかった!」お祭り騒ぎのツアーファイナル

306

Crystal Lakeが全国ツアー「THE SIGN TOUR」の最終公演を12月18日に東京・LIQUIDROOMにて開催した。

Crystal Lake「THE SIGN TOUR」東京・LIQUIDROOM公演の様子。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)

Crystal Lake「THE SIGN TOUR」東京・LIQUIDROOM公演の様子。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)

大きなサイズで見る(全17件)

Crystal Lake「THE SIGN TOUR」東京・LIQUIDROOM公演の様子。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)

Crystal Lake「THE SIGN TOUR」東京・LIQUIDROOM公演の様子。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)[拡大]

このツアーは多数のフィーチャリングゲストを迎えた彼らの最新アルバム「THE SIGN」のリリースを記念して行われていたもの。ツアーファイナルのこの日はアルバムに参加したアーティストをはじめ多数のゲストが登場し、Crystal Lakeのステージに花を添えた。

メインアクトとなるCrystal Lakeのライブの前にはMEANINGとオーストラリアのハードコアバンド・In Hearts Wakeが登場。MEANINGのHAYATO(Vo, G)は「オレの目の前で踊ってみろよ」とファンを煽り、フロアへ降りて歌唱するなどダイナミックなパフォーマンスを展開した。続くIn Hearts Wakeは演奏中にスマートフォンを取り出して自撮りするお茶目な姿を見せつつ、ラウドなサウンドを繰り出していった。終盤には彼らの最新アルバム「SKYDANCER」日本版に収録されている「Skydancer」をプレイ。この音源にはCrystal LakeのRyo(Vo)が参加しており、両者は実際にコラボを披露してファンを喜ばせた。

「Mercury」にてCrystal LakeとコラボするHiro(Vo / ex. FACT)。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)

「Mercury」にてCrystal LakeとコラボするHiro(Vo / ex. FACT)。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)[拡大]

「THE SIGN」の1曲目「Astra」をSEに登場したCrystal Lakeは、アルバムの曲順通り「Prometheus」へとなだれ込み、一気に場内をヒートアップさせる。続く「Matrix」ではHER NAME IN BLOODのIkepy(Vo)が、「Mercury」ではHiro(Vo / ex. FACT)がコラボゲストとしてステージに登場。フロアは早くも狂騒状態となり、オーディエンスはモッシュやクラウドサーフを繰り返した。それを観たRyoは「最っ高だよ、お前ら! これが見たかったんだよ!」と喜びを爆発させる。そして「もっと声を聞かせてくれないか」という言葉に続いて「Ups & Downs」が投下されると、場内には盛大なコールアンドレスポンスが広がった。

中盤、バンドは2月からツーマンツアー「CHAMPION SHIP TOUR 2016」を開催することを発表する。Ryoはこのツアーについて「俺らと、各地の強えやつらのツーマン」と説明。そしてツアーファイナルの会場が東京・赤坂BLITZであることについて「今日のLIQUIDROOMもすげえ挑戦だったけど、BLITZはさらに挑戦です」と語気を強め、「俺らと、その先の景色を見ませんか?」と呼びかけた。また今回の「THE SIGN TOUR」の東名阪公演にIn Hearts Wakeを招集した理由についてYudai(G)が「すごく好きで影響を受けた」と話し、「自分たちで呼んで、みんなに(In Hearts Wakeを)観てもらえてうれしかった。呼んでよかった」と感慨深そうに思いを口にした。

「Dreamcatcher」演奏時の様子。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)

「Dreamcatcher」演奏時の様子。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)[拡大]

その後ステージ後方のスクリーンに星空のような映像が映し出されると、Ryoが「空に手を伸ばしても、あの星をつかむことはできないけど、今なら手が届く気がしました」と語り始める。そしてファンに、スマートフォンのライトをステージに向けてほしいと提案。バンドは無数の光がきらめく幻想的なフロアに向かって「Dreamcatcher」を届けた。

左からRyo(Vo / Crystal Lake)、ジェイク・テイラー(Vo / In Hearts Wake)。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)

左からRyo(Vo / Crystal Lake)、ジェイク・テイラー(Vo / In Hearts Wake)。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)[拡大]

スクリーンがバンドのロゴに代わり、「The Sign」からライブは後半戦へ。Teru(B)とGaku(Dr)の生み出す強靭なリズムにあわせてRyoとYudai、Shinya(G)は頭を振ったり、ステージ前方でファンを煽ったりと、激しく動き回る。「Hades」ではMEANINGのHAYATOが登場してコラボステージを展開した。そして「sleep Awake」ではIn Hearts Wakeのジェイク・テイラー(Vo)とSurvive Said The ProphetのYosh Morita(Vo)が登場。盛大なシンガロングが響き渡る中、バンドはステージをあとにした。

Crystal Lake「THE SIGN TOUR」東京・LIQUIDROOM公演の様子。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)

Crystal Lake「THE SIGN TOUR」東京・LIQUIDROOM公演の様子。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)[拡大]

アンコールに応えてステージに姿を現したRyoは「呼んだからにはカオスを見せてくれるんだろ?」とファンを煽り、「Rollin'」を投下。ステージにはストリートダンサーに加えNUMBのSENTA(Vo)も登場し、会場はまさにお祭り騒ぎ。そしてラストナンバー「The Fire Inside」ではRyoがシンガロングするファンに向かって「聞こえねーよ!」と焚きつけ、ステージ袖からはこの日のゲストがフロアに向かってダイブする。熱狂したファンも次々とクラウドサーフでステージまでたどり着き、場内はカオス状態に。異様な熱気に包まれる中、バンドは大団円でツアーの幕を閉じた。

この記事の画像(全17件)

Crystal Lake「THE SIGN TOUR」
2015年12月21日 LIQUIDROOM セットリスト

01. Astra
02. Prometheus
03. Matrix
04. Mercury
05. Ups & Downs
06. Dreamcatcher
07. The Sign
08. New Romancer
09. Hades
10. Overcome
11. Beloved
12. sleep Awake
<アンコール>
13. Rollin’
14. The Fire Inside

Crystal Lake CHAMPION SHIP TOUR 2016

2016年2月13日(土)東京都 八王子RIPS
2016年2月14日(日)千葉県 柏ALIVE
2016年2月27日(土)東京都 立川BABEL
2016年2月28日(日)神奈川県 F.A.D YOKOHAMA
2016年3月13日(日)新潟県 CLUB RIVERST
2016年3月19日(土)宮城県 仙台MACANA
2016年3月21日(月・祝)北海道 BESSIE HALL
2016年3月25日(金)福岡県 LIVE HOUSE CB
2016月3月26日(土)長崎県 Studio Do!
2016年3月27日(日)熊本県 Django
2016年4月2日(土)香川県 DIME
2016年4月9日(土)京都府 KYOTO MUSE
2016年4月10日(日)兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
2016年4月22日(金)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
2016年4月23日(土)大阪府 umeda AKASO
2016年4月24日(日)東京都 赤坂BLITZ

全文を表示

関連記事

Crystal Lakeのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Crystal Lake / MEANING / FACT / HER NAME IN BLOOD の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。