音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ЯeaL、城天ライブでメジャーデビューを改めてファンに報告

410

ЯeaL結成3周年記念 プチワンマンライブ at 城天」のライブの様子。(写真提供:SME Records)

ЯeaL結成3周年記念 プチワンマンライブ at 城天」のライブの様子。(写真提供:SME Records)

12月20日、ЯeaLのフリーライブ「ЯeaL結成3周年記念 プチワンマンライブ at 城天」が大阪・大阪城公園で行われた。

ЯeaLは大阪を拠点に活動する現役女子高生バンド。先日、メンバー全員の高校卒業月となる3月にSME Recordsからメジャーデビューすることを発表している。今回のフリーライブは彼女たちが今月で2012年12月の結成から3年を迎えたことを記念するステージになると同時に、メジャーデビュー発表後初の舞台となった。

2014年12月リリースの1stミニアルバム「Change Your ЯeaL」のリード曲「セナカアワセ」でライブをスタートさせた彼女たちは、中学3年生の結成間もない頃に制作したという「Crazy Night」「Once Again」を連投。寒空のもと城天に集まった大勢のファンはときにハンドクラップを打ち鳴らし、ときに「ハイ! ハイ!」コールを送るなど、熱い盛り上がりを見せていた。

その後も会場限定シングル「ひかれ」の表題曲とカップリング「反対言葉」などを小気味よく畳みかけた4人は「Shooting Star」でファンたちとコール&レスポンスを繰り広げたのち、この3年間を振り返る。中学3年生のガールズバンドとして活動をスタートしたこともあり「『どうせアイドルでしょ』とバカにされ続けてきた」と明かしたRyoko(Vo, G)は「それでも来年3月にはみんなに愛されながらデビューします」とファンへの感謝を表明し、デビュー月の2016年3月に大阪・大阪城音楽堂でフリーライブを開催することを報告する。そしてRyokoが「デビューが決まったばかりのバンドが3000人のお客さんが入る野音(大阪城音楽堂)でライブっていうとまたバカにされるかもしれないけど、みんなとなら成功させられるはず」と語ると、4人は彼女の「何年後かに革命を起こすから」「それがЯeaLの決意です」との言葉を合図に、「君がそこにいてくれるなら もう怖くなかった」「次は僕が支えるから」と歌う「HOME」をドロップ。さらにアンコール代わりの「ЯeaL」コールを受け「Jumping More」をパフォーマンスして、3周年記念ライブにしてメジャーデビュー報告ライブを締めくくった。

なお終演後、Fumiha(B)は今回が城天でのライブが3回目になることに触れつつ「今までよりちょっとお客さんが少なかったのが悔しかった」と苦笑いを浮かべながらも「でも私たちならもっといけるはずだし、いかないと」と宣言。またRyokoがMC同様、年若いガールズバンドゆえの苦労を振り返りつつ、キャリア3年にしてデビューにたどり着いた喜びを語れば、Yurika(G)も「中3のガールズバンドって周りにしてみたらお遊びにしか見えなかったと思う」としながらも「でも私らは本気やったし、1人だったら投げ出してたかもしれないけど、周りに同じ思いの3人がおってくれたから、今の私たちになれた」と口にした。さらにAika(Dr)は「もちろん4人だけの力じゃなくて、バカにされてきた私たちのことをそれでも見付けてくれたソニー(SME Records)の人たちや、応援してくれてきたファンの皆さんがあったからデビューできたんだと思う。これからも不安なことや大変なこともあるかと思うけど、そういうみんなのためにもがんばりたい」と決意を新たにしていた。

ЯeaL「ЯeaL結成3周年記念 プチワンマンライブ at 城天」
2015年12月20日 大阪城公園 セットリスト

01. セナカアワセ
02. Crazy Night
03. Once Again
04. ひかれ
05. 反対言葉
06. Shooting Star
07. HOME
<アンコール>
08. Jumping More

ЯeaL「“至上最大無謀なデビューレコ発ライブ” at 大阪城野音 ~ゆずれない想いが野音にある!~」

2016年3月27日(日)大阪府 大阪城音楽堂
OPEN 14:00 / START 15:00

音楽ナタリーをフォロー