音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

たこやきレインボー、大阪「たこ虹ハロウィン」で新曲Xmasソング初披露

598

たこやきレインボー「たこ虹ハロウィン」の様子。(撮影:牧野孝彦)

たこやきレインボー「たこ虹ハロウィン」の様子。(撮影:牧野孝彦)

たこやきレインボーが昨日10月31日、大阪・なんばHatchにてフリーイベントツアー「なにわンダーアドベントレインボーツアー」のスペシャル版「たこ虹ハロウィン」を開催した。

イベントではメンバー登場を前に、たこやきレインボーのマネージャーである“番長”とダンス講師のMOCOが、メンバー入場曲に選ばれたマイケル・ジャクソン「スリラー」のゾンビ風ダンスをレクチャー。観客は登場したメンバーを驚かせるべくゾンビダンスを披露したが、たこ虹の5人は一体感のある観客のダンスに合わせて一緒に踊り出してしまう。これに番長は「驚きのリアクションが足りない」とダメ出しし、登場シーンはやり直し。ライブはドタバタで幕を開けた。

5人はまず、それぞれの仮装について解説しながら虹家族(たこやきレインボーファンの総称)の質問に答えた。春名真依はアーミースタイルのワンピース姿で特技は「狩り」と答え、ウサギの衣装を着た清井咲希を震え上がらせる。清井はウサギらしく語尾に「ぴょん」を付けて無茶な質問もひょうひょうとかわし、根岸可蓮は「ラブライブ!」のキャラクター・矢澤にこの天使コスプレで「にこはー、みんなのー、も・の」とコメント。彩木咲良は赤と黒の小悪魔ドレスで「空から地上に舞い降りるときにケガしてしまって」と、腕に付けた傷跡風シールを指さし細かい設定を説明する。リーダー堀くるみはナポレオンハットをかぶった海賊風衣装で、「船の名前はなんですか?」という質問に「こうえい丸です」と返し、洋風の衣装とは真逆の回答で会場を沸かせた。

イベント後半のライブパートは「叫べ!ガウガール」でスタート。続く「めっちゃPUNK」ではメンバーの気合いあふれるパフォーマンスで場内は大きな盛り上がりを見せる。「ナンバでサンバ2」では清井が振り付けをレクチャーしメンバーと観客が一体に。5人は「踊れ!青春カルナバル」まで4曲を連続で歌うと、続いて12月16日発売のニューシングル「クリぼっちONE DAY!!」を初披露した。

堀の「ハロウィンや、クリスマスとか、これからいろんなことを虹家族さんと一緒に過ごしていきたい。ツアーもまだまだ続くし、たこ虹の物語はずっと続いていく」というコメントから、最後は「たこ虹物語~オーバー・ザ・関ヶ原~」でフィニッシュ。2年ぶりのハロウィンイベントをにぎやかに締めくくった。

フリーイベントツアー「なにわンダーアドベントレインボーツアー」はニューシングル「クリぼっちONE DAY!!」の発売に向けて各地で実施される。また11月21日には東京・TOKYO DOME CITY HALLにてワンマンライブ「なにわンダーランド2015」が開催。「あわてんぼうのクリスマス」をテーマに、1カ月以上早いクリスマスライブが行われる。

たこやきレインボー「なにわンダーランド2015」

2015年11月21日(土)東京都 TOKYO DOME CITY HALL
※チケット完売

音楽ナタリーをフォロー