アルファアーティスト再集合!「ALFA MUSIC LIVE」豪華2DAYS完結

462

9月27、28日に東京・Bunkamuraオーチャードホールでライブイベント「ALFA MUSIC LIVE」が開催された。

「ALFA MUSIC LIVE」東京・Bunkamuraオーチャードホール公演の様子。

「ALFA MUSIC LIVE」東京・Bunkamuraオーチャードホール公演の様子。

大きなサイズで見る(全2件)

このライブは作曲家の村井邦彦が70歳を迎えたことを祝して実施されたもの。当日は彼が設立した音楽出版社・アルファミュージックおよびレコード会社・アルファレコードのアーティストたちが集結した。総合演出は松任谷正隆が務め、プレゼンターがアーティストを紹介していく形でライブが進められた。

まずは松任谷由実が荒井由実として登場し、アルファミュージックの創世期に関わった加橋かつみを「恩人」として紹介。彼はトップバッターとして「愛は突然に」「花の世界」を披露した。服部克久がプレゼンした雪村いづみはティン・パン・アレーの演奏に乗せて1974年リリースのアルバム「スーパー・ジェネレイション」の収録曲「蘇州夜曲」「東京ブギウギ」を歌唱しオーディエンスのテンションを引き上げる。ステージに再度登場したユーミンもティン・パン・アレーをバックに「ひこうき雲」「中央フリーウェイ」を歌い上げた。

ライブ後半には鮎川誠(SHEENA & THE ROKKETS)が「ユー・メイ・ドリーム」「LEMON TEA」をシャウトしながら力強く客席へと届けた。その後プレゼンターとしてステージに現れたユーミンによって村井、細野晴臣高橋幸宏の3人が呼び込まれる。彼らはYellow Magic Orchestra「RYDEEN」を演奏し観客の興奮をピークに導いた。続く赤い鳥のヒット曲「翼をください」では紙ふうせん、作曲を手がけた村井、小坂忠の娘であるAsiah、林立夫の息子である林一樹、赤い鳥の元メンバー・大村憲司の息子である大村真司による演奏が行われた。

本編最後のナンバーはこの公演のために村井が書き下ろした「音楽を信じる」。小坂とAsiahが同曲を親子で歌い上げた。アンコールでは村井が「美しい星」をピアノで弾き語り、ラストは出演アーティスト全員がステージに登場しライブを締めくくった。

この記事の画像(全2件)

ALFA MUSIC LIVE
2015年9月28日 Bunkamuraオーチャードホール セットリスト

01. 愛は突然に / 加橋かつみ
02. 花の世界 / 加橋かつみ
03. 竹田の子守唄(赤い鳥) / 紙ふうせん
04. 学生街の喫茶店(GARO) / 大野真澄
05. 蘇州夜曲 / 雪村いづみ
06. 東京ブギウギ / 雪村いづみ
07. ひこうき雲 / 荒井由実
08. 中央フリーウェイ / 荒井由実
09. ほうろう / 小坂忠
10. 機関車 / 小坂忠
11. 朝は君に / 吉田美奈子
12. 夢で逢えたら / 吉田美奈子
13. Mr. サマータイム / サーカス
14. アメリカン・フィーリング / サーカス
15. ピアニスト / 山本達彦
16. あの頃のまま / ブレッド&バター
17. MONDAY MORNING / ブレッド&バター
18. La Vie en rose(エディット・ピアフ) / コシミハル
19. ユー・メイ・ドリーム / SHEENA & THE ROKKETS
20. LEMON TEA / SHEENA & THE ROKKETS
21. Hot Beach / 日向大介 with encounter
22. RYDEEN(Yellow Magic Orchestra) / 細野晴臣高橋幸宏、村井邦彦
23. 翼をください(赤い鳥) / 紙ふうせん、村井邦彦、Asiah、林一樹、大村真司
24. 音楽を信じる(村井邦彦) / 小坂忠、Asiah
<アンコール>
25. 美しい星 / 村井邦彦

全文を表示

関連記事

細野晴臣のほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 細野晴臣 / 松任谷由実 / SHEENA & THE ROKKETS / コシミハル / 吉田美奈子 / 高橋幸宏 / 雪村いづみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。