音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

怒髪天とThe BONEZ、MCでも魅せた幕張EVIL STAGE

289

怒髪天(撮影:瀧本“JON…”行秀)

怒髪天(撮影:瀧本“JON…”行秀)

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'15」が本日6月20日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催。この記事では、EVIL STAGEで行われた怒髪天The BONEZのライブの模様をレポートする。

怒髪天

怒髪天は「男祭」をSEに流しながら登場。増子直純(Vo)が手持ちの櫛を投げると同時に上原子友康(G)が強靭なサウンドで「GREAT NUMBER」のリフを鳴らし始める。増子は、坂詰克彦(Dr)によるタフなビートに合わせて拳を突き上げて楽曲を熱唱。「やけに染みた 幕張の空」と歌詞を変えた「酒燃料爆進曲」、手をひらひらと動かしながら情緒いっぱいに歌い上げた「時代遅れTARO」で観客を絶えず刺激する。そしてMCでは「隣のホールで今日ゲスの極み乙女。やってるでしょ、オレのほうがゲスの極みだけど」「Fear, and Loathing in Las Vegas観たかった、『寄生獣』の曲を歌いたかった」「今日バンド名を漢字で書いてあるのオレらだけ。ハンバーガー屋のライスバーガーみたいな感じだけど、だんだんおいしくなってくるよ!」などフリーダムな発言でファンを沸かせた。

MCの流れのまま「じゃあ、これいっちゃいますか!」と手をクイッと上げるジェスチャーを見せて彼らはバラクーダ「日本全国飲み音頭」のカバーを繰り出し、会場をお祭りムードに染め上げる。最後はメタルのフレーバーをサウンドに織り交ぜた「宜しく候」で盛り上げ、演奏を終えた増子は「ありがとー、カンパーイ!」と“エア一気飲み”のモーションをしてステージをあとにした。

The BONEZ

ZAX(Dr)が激しいドラムビートを打ち鳴らし、序盤からテンションの高いステージを作り上げていくThe BONEZ。1曲目「Ray」でNAKA(G)がドライブ感あふれるギタープレイを披露し、JESSE(Vo, G)は「いくぞ幕張ー!」と威勢のいい発破をかける。JESSEはTシャツを脱ぎ「溜まってるヤツどんだけいるんだ! オレはお前らのために一生バンドやらせてもらうぜ!」という宣言にオーディエンスは歓声を上げた。

彼らはラウドな演奏と扇情的なアクションを繰り広げ、オーディエンスを興奮で包む。「Adam & Eve」にて観客の頭上でクラウドサーフをしながら英語詞を力強く発したJESSEは、続く「Zenith」で観客にモッシュサークルを作るよう指示し、PA卓前で広がった大きなサークルを見て「お前ら最高だー!」と声を上げる。クラウドの一体感は曲を追うごとにどんどんと高まっていき、大合唱が起きた「Thread & Needle」からラストナンバー「Hey,You」までフロア中で両手が挙がる。多数のハイライトシーンを作り上げてThe BONEZのステージが終了した。

音楽ナタリーをフォロー