OVER ARM THROW&ロットン、白熱ライブで序盤「SATAN STAGE」飾る

298

PIZZA OF DEATH RECORDS主催のライブイベント「SATANIC CARNIVAL'15」が、本日6月20日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催中。この記事ではSATAN STAGEのトップバッターを飾ったOVER ARM THROWと、2番手のROTTENGRAFFTYのライブの模様をレポートする。

OVER ARM THROW(Photo by YUJI HONDA)

OVER ARM THROW(Photo by YUJI HONDA)

大きなサイズで見る(全10件)

OVER ARM THROW

OVER ARM THROW(Photo by YUJI HONDA)

OVER ARM THROW(Photo by YUJI HONDA)[拡大]

おなじみのSE「STARBUCKS」をバックに登場したOVER ARM THROWの面々は、ガッツポーズを決めながら観客に挨拶。SATAN STAGEの幕開けを豪快なパンクチューン「MUSIC」で飾った。鈴野洋平(B, Cho)の「幕張!」というシャウトからなだれ込んだ「Unity! Freedom! Opportunity!」では、シンガロングとコールが発生し一体感がフロアに生み出される。合間のMCで菊池信也(Vo, G)は大勢の観客を前に「すげえ売れてるみたいに勘違いしてます。本番前、緊張通りすぎてニヤけちゃったもん」と満面の笑みを浮かべ、鈴野は「楽屋が広すぎて使いづらいです!」と言い放ち観客を沸かせた。その後、3人は大きなシンガロングを巻き起こす「ZINNIA」をはじめ、メロディアスな「Rotation」や「Dear my songs」などを届けていく。終盤で鈴野は「ここでいっぱいエネルギーを使って、笑顔で帰ってくれよ! またここに帰って来いよ!」と観客に呼びかけ、ラストスパートに突入。3人は終始ポジティブな空気をステージから放ち続け、SATAN STAGEの1番手という大役を堂々と務め上げた。

ROTTENGRAFFTY

ROTTENGRAFFTY(Photo by Tetsuya Yamakawa[showcase])

ROTTENGRAFFTY(Photo by Tetsuya Yamakawa[showcase])[拡大]

ROTTENGRAFFTYはサウンドチェックの段階からオーディエンスを盛り上げる気満々。腕慣らしとばかりに「その向こうへ」をプレイし、観客をたちまち笑顔にしてしまう。その後本番を迎え、5人がオープニングナンバーとしてプレイしたのはNOBUYA(Vo)の鋭利な歌声とN∀OKI(Vo)の情熱的なシャウトが重なる「STAY REAL」。さらに「THIS WORLD」と「B.B.B.」を間髪入れずにフロアに叩き込み、会場内の熱気を高めていった。またKAZUOMI(G, Programming)の鳴らすノイジーなギターから始まるライブの定番曲「世界の終わり」では、N∀OKIの哀愁をはらんだ歌声が響き、その声に呼応するように大合唱が起こった。

「おおいにやっちまえ幕張!」というN∀OKIの煽りを受けてか、ライブが中盤に差し掛かると観客は思い思いの形で踊ったり、拳を突き上げたりしながら会場を激しく揺らしていく。そしてラストナンバーの「金色グラフティー」では、盛大なシンガロングとサークルが発生。熱気が逆巻く中で、「SATANIC CARNIVAL」2年連続出演となるロットンのライブはフィニッシュした。

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

OVER ARM THROWのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 OVER ARM THROW / ROTTENGRAFFTY の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。