音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

真野恵里菜、ネットドラマでイケメン軍団と12役共演

TBSが初めて手掛けるオリジナルネットドラマ「恋する星座」が、本日4月6日から配信スタート。これを記念して行われた記者会見に、主演の真野恵里菜と各回に登場する若手俳優12人が出演した。

「恋する星座」はPCとモバイルで配信されるオリジナル作品。12星座別の女子高生のかわいいラブストーリーが5分/1話完結で、全12話が毎週木曜に配信されていく。

2月にBS-TBSで放送された「東京少女 真野恵里菜」で、毎週異なる役柄を全4役こなした真野。今回のドラマでは、星座別にまったく性格や恋愛観の違う12人の女の子をひとりで演じ分けることになる。女優としても着実にステップアップを続ける彼女が、このドラマでさらに演技に磨きをかけることになりそうだ。

会見では、「東京少女 真野恵里菜」でも一緒に仕事をした丹羽多聞アンドリウが真野の魅力について、「前回以上に大きなハードルだが、彼女にはコメディアンとしてのセンスもあるので、回を重ねるごとに弾けていくはず」とコメント。一方の真野は演技について、「はじめは12役をこなすということを想像できなかったんですよ。私はけっこう恋占いとか好きなので、楽しそうだなぁと思って台本を読んで現場に行くと、12役を演じるという切り替えが難しかったんですが、勉強になる部分も多くて楽しかったです」と語った。また、実際に牡羊座の彼女はドラマの役柄に似ているかと質問され、「自分ではよくわからないんですけど、でも牡羊座みたいな積極的な恋愛に憧れます」と口にした。

ネットドラマの主題歌には、真野の新曲「はじめての経験」を起用。本日よりTBSメロディにて着うた先行独占配信が行われており、5月20日にはシングルとしてもリリースされる。この曲について、彼女は「夏の訪れを感じさせる曲になっていて、聴いているとウキウキしてくる」と感想を語った。

音楽ナタリーをフォロー