音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

THE ポッシボーがチャオ ベッラ チンクエッティに改名

1702

チャオ ベッラ チンクエッティ

チャオ ベッラ チンクエッティ

THE ポッシボーが「チャオ ベッラ チンクエッティ」に改名することを発表。7月8日にリリースするシングル「表参道 / 二子玉川 / Never Never Give Up」より新名義で活動していくことが明らかになった。

改名はメンバーの意向を踏まえて決定したもの。今年結成10年目を迎える彼女たちが「まだまだ走り続けるために進化をしていきたい」という思いをスタッフに伝えたところ、その意向を汲んだ上で、新たなユニット名でリスタートする運びとなった。チャオ ベッラ チンクエッティは、イタリア語で「きれいなお嬢さん5人組」という意味を持つ。なお彼女たちの改名後初めてのシングルには、KANが日本語詞を付けた「表参道」などが収録される。

チャオ ベッラ チンクエッティは、2006年にハロプロエッグ(現ハロプロ研修生)に在籍するメンバーによって結成。2009年8月より秋山ゆりか、岡田ロビン翔子、後藤夕貴、橋本愛奈、諸塚香奈実の5人で活動している。

※記事初出時、本文に事実誤認がありました。訂正してお詫びいたします。

チャオ ベッラ チンクエッティコメント

THE ポッシボーより皆さんにお知らせ
みなさん、いつも温かい応援ありがとうございます。
突然ですが、この度、THE ポッシボーは7月8日よりユニット名を「チャオ ベッラ チンクエッティ」に変えさせて頂くことにしました。 びっくりさせてごめんなさい。
ツアー中の MC でも何度か話をしましたが、今の私たちのテーマは「チェンジ」。 10代の私たちは THE ポッシボー(可能性)というユニット名で走り続けてきました。 そして、今、20代になった私たちの目標は「走り続ける」 長いスパンで今後も走り続けるために私たち自身「チェンジ」が必要と考えたのです。
8月には、いよいよ結成10年目に突入する中で、これまでの私たちとは違う「進化した」「大人になった」私 たちを表現していこうと思いました。 そんな中、4月から始まったツアーは、おかげさまで評判がよく、先日(5月30日)の ゆうぽうとホール最終公演も無事皆さんのお陰で大成功を収めることができました。 そこで自信がつきました。
「あとで後悔しないよう、今できることを最大限実行し、努力する。」
メンバーみんなで話し合い、THE ポッシボー最大の「チェンジ」として、“ユニット名の変更”を行うことが、 今後の私たちの進化を後押ししてくれるのではと考えました。
ファンの皆さん、思い切った私たちの覚悟をぜひ今後とも見届けていただきたいと思います。「チャオ ベッラ チ ンクエッティ」で私たちさらにスピードアップして走り続けます。 これからも引き続き応援の程よろしくお願いします。

チャオ ベッラ チンクエッティ「表参道 / 二子玉川 / NeverNeverGiveUp」収録曲

・表参道
[作詞・作曲:Michael Antony Deighan & Michael Wilshaw / 日本語詞:KAN / 編曲:Mt.3]

・二子玉川
[作詞・作曲:角田崇徳 / 編曲:鈴木俊介]

・Never Never Give UP
[作詞:つんく / 作曲・編曲:和田俊輔]

・表参道(Instrumental)

・表参道(Music Video)

・二子玉川(Music Video)

・Never Never Give Up(Music Video)

音楽ナタリーをフォロー