音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アイドリング!!!卒業ライブでメンバー4人が新たなる旅立ち

1

3月18日に渋谷C.C.Lemonホールでアイドリング!!!のライブ「アイドリング!!!卒業ライブ ~新たなる旅立ちング!!!~」が開催。アイドリング!!!1号加藤沙耶香、4号江渡万里彩、5号滝口ミラ、18号ミシェル未来の4人が、アイドリング!!!として最後のステージに立った。

この日のライブは、アイドリング!!!にとって初の卒業公演。結成当初からグループを支えてきた初期メンバーを含む4人の卒業とあって、発表直後から大きな注目を集めてきた。

CSフジテレビ721で生中継されることもあり、ライブはオンタイムでスタート。アイドリング!!!のメンバー16人がステージ上に現れ、華麗なダンスに続いて「百花繚乱アイドリング!!!」「恋ゴコロ」「モテ期のうた -season 2-」からなるメドレーを披露した。この日のメンバーは白とピンクを基調とした衣装を着て、いつも以上にキュートな雰囲気。晴れやかな表情で、卒業ライブのオープニングを飾った。

笑顔でメドレーを歌い終えると、番組同様に司会の升野英知(バカリズム)とフジテレビアナウンサーの森本さやか&斉藤舞子が登場。加藤は自身の名前を言っている時点で涙を流しており、隣の3号遠藤舞から心配される一幕も。ミシェルは「皆さん準備OKですか? ライブ聴きたいですか? 盛り上がってくれますか?」と問いかけ、客席を盛り上げた。

メンバーの挨拶がひととおり終わると、ライブは早くも2曲目に突入。ヒットシングル「告白」と「キミがスキ」を繋いだメドレーで再び会場を熱くした。続いて、加藤の提案によって実現した、ファン様から募集した卒業ソングを歌うコーナーがスタート。特にリクエストが多かった「旅立ちの日に...」(川嶋あい)、「はじまり」(チェキッ娘)、「じゃあね」(おニャン子クラブ)という3曲を、卒業する4人が歌うというレアなステージとなった。

「『職業:アイドル。』」「ガンバレ乙女(笑)」のメドレーや「Snow celebration」を経て、いよいよライブ前半のクライマックスに突入。メンバーから卒業生へ手紙が贈られるサプライズが用意され、ミシェルには14号酒井瞳、江渡には7号谷澤恵里香、滝口には9号横山ルリカ、加藤には6号外岡えりかが、各メンバーへの思いが綴られた手紙を読み上げていった。

酒井は「アイドリング!!!に一緒に入ってきてくれてありがとう」とミシェルへの感謝の言葉を口にし、谷澤は江渡を「誰よりもマジメで、何ごとにも真剣で、人一倍素直で、他人のことを思える本当にまっすぐで純粋なメガネでした」と表現。横山は、帰り道で滝口が急に具合が悪くなり、横山の手を握って「スタッフさんに迷惑かけるから、救急車呼ばんでええから」と懇願したという滝口との秘話を明かし、加藤と公私ともに親しくしている外岡は「さや姉はずっと“自称リーダー”と言っていたけど、私たちはずっと前からさや姉は正真正銘のリーダーだと思ってました。だけどね、本当はさや姉が一番泣き虫で一番みんなに甘えたかったのをみんな知ってるよ」と労いの言葉を贈った。

とうとうライブ前半戦最後の曲となった。加藤の「最後の曲は私たちアイドリング!!!の、仲間の絆を歌った曲です」という言葉に続いて、アイドリング!!!は「friend」を熱唱。しかし、本来なら60分生放送の最後を締めくくるこの曲が、スタッフの手違いでワンコーラスしかオンエアされなかったことが、16人が歌い終えた後に升野から告げられた。ガックリしたメンバーを「これもこれでアイドリング!!!らしいな、ということで」とフォローすると、ここからライブ後半戦に突入。生放送はないものの、この後半戦を含むライブ完全版は4月10日にCS放送「フジテレビNEXT」にてオンエアされることになる。

まずは、遠藤が「最後に江渡ちゃんと、どうしてもこの曲を歌いたいなということで」といって、アルバム「だいじなもの」収録曲「想いの詩」を2人だけで披露。しっとりと歌い終えた遠藤は、「最初はちょっと小生意気なガキだなと思ってたんですけど、万里彩と過ごす日数がだんだん減るにつれて、万里彩のことが愛おしいなと思えてきて。最高の気持ちでこの曲を歌うことができて良かったです」と江渡との思い出を口にした。

続いて登場したのは、フォンチー、17号三宅ひとみ、ミシェルのギザギザアイドリング!!!。歌に入る前にフォンチーがミシェルに「実は“世界の巨匠・小泉(瑠美。元アイドリング!!!2号)さん”からミシェル宛てにメッセージが届いてます」と告げた。フォンチーが小泉に代わって伝えたそのメッセージとは、「ミシェル、卒業おめでとう。応援には行けなかったけど、見守ってます。それと、そろそろ電話をシカトするのはやめろ」という短いもの。さすがのミシェルも「メールします」と苦笑したが、いざ「NA・GA・RA」を歌い始めると曲のイメージどおりクールなパフォーマンスで、会場を大いに沸かせた。歌い終えると、三宅は「ライブをやる度に、ひとりずつ減っていくような気がするんですけど(笑)。でも、これからもフォンチーさんと2人で続けて、姉さんたち(小泉やミシェル)の意思を受け継いでいきたいなと思ってます」と力強く宣言した。

会場を熱い熱気が包んだ後は、アイドリング!!!らしいコミカルな曲の出番だ。加藤、滝口、谷澤、フォンチー、そして升野というメンバーによる“唯一のおふざけ曲(升野・談)”「台場の恋の物語」では、これまで以上に激しいパフォーマンスが披露された。升野は加藤を突き倒したり谷澤をグルグルと振り回すだけでなく、フォンチーを押し倒し、挙げ句の果てに滝沢を「こい、このヤロー!」と挑発し、寝技をかける暴挙に。過去最高にハードなパフォーマンスで会場を沸かせた升野は、「もう最後だから、涙が止まらなくて」とその行動と裏腹な発言でファンの笑いを誘った。

卒業する加藤、江渡、滝口を含むバンバンアイドリング!!!が、現編成で最後の「遙かなるバージンロード」を歌い終えると、ライブは一旦終了。しかし、会場からはアンコールを求める拍手が鳴りやまない。しばらくすると、Tシャツ&ショートパンツに着替えたメンバーが再登場。これといったMCもなく「レモンドロップ」「モテ期のうた」「Like a Shooting Star」を立て続けに歌い、16人最後のステージを思う存分満喫しているようだった。

いよいよライブも終了の時間が近づいてきた。加藤は「私たちはこの曲から始まりました」「卒業してから芸能界で生き続けていく中でずっと持ち続けていたい気持ちだし、アイドリング!!!にもずっと歌い続けてほしい曲です」と語り、デビュー曲「ガンバレ乙女(笑)」を16人で最後に歌った。ここでは普段の振り付けも無視し、16人が16通りの好きな動きで「ガンバレ乙女(笑)」を表現。客席にタオルを投げ込んだり、飛び跳ねたり、メンバー同士で抱き合ったりなど、メンバーとファンが一体となって卒業生4人の新たな門出を祝福した。そこにはもう涙はなく、溢れんばかりの笑みに満ちあふれていた。

曲のエンディングにあわせ、16人全員で一斉にジャンプして初の卒業ライブは終了。加藤をはじめとする卒業メンバー4人は、何度もスタッフやファン様、アイドリング!!!にかかわったすべての人たちに感謝の言葉を贈った。これを受けて、遠藤は「私たち残りのメンバーは、4人が抜けて大丈夫かなと思われないように、これからも精一杯がんばっていくので、応援よろしくお願いします」と今後の抱負を語った。

これでライブは終了するかと思われたが、加藤が「ちょっと待って。私が抜けたら、リーダーって誰になるの?」と疑問を口にした。そして、「もちろん、まいぷるが後任リーダーだと思うんですよ」と2代目リーダーに遠藤を指名。加藤は自分とは真逆の性格といえる遠藤がアイドリング!!!を引っ張ることで、グループとして大きく変化するのではないかと期待しているという。

さらに加藤は「私、“自称リーダー”って響きがすごい好きだったんですよ。使い方が難しいけど、その“自称リーダー”を使ってもいい子を、ひとり考えてきたんです」と言って、「本当に私と同じ考えで、似たもの同士」という外岡を“自称リーダー”に指名。使いどころに困る役割を振られ外岡は苦笑していたが、今後は新たな魅力を開拓してくれるはずだ。

16人のメンバーはステージを去るのが名残惜しそうに、その後も残されたメンバーにいろいろな役割を振り分けていき、そして最後の最後に改めて会場のファンにお礼を言ってステージを降りた。こうして、アイドリング!!!にとって初の試みとなる卒業ライブは、彼女たちらしく涙と笑顔がいっぱい詰まった、忘れがたいものとなった。

「アイドリング!!!卒業ライブ ~新たなる旅立ちング!!!~」セットリスト

--OPENING:オープニングアタック~オープニングダンス--
01. メドレー1:百花繚乱アイドリング!!!~恋ゴコロ~モテ期のうた -season 2-~百花繚乱アイドリング!!!
--MC:自己紹介--
02. メドレー2:告白~キミがスキ
--MC--
03. 旅立ちの日に... [川嶋あい]
--MC--
04. はじまり [チェキッ娘]
--MC--
05. じゃあね [おニャン子クラブ]
--MC--
06. メドレー3:「職業:アイドル。」~ガンバレ乙女(笑)
07. Snow celebration
--MC:メンバーから卒業生への手紙--
08. friend
--MC(CS放送終了)--
--MC--
09. 想いの詩【遠藤・江渡】
--MC--
10. NA・GA・RA 【ギザギザアイドリング!!!】
--MC--
11. 台場の恋の物語 【加藤・滝口・谷澤・フォンチー・升野】
--MC--
12. 遙かなるバージンロード 【バンバンアイドリング!!!】
--MC:挨拶--
--ENCORE--
13. レモンドロップ
14. モテ期のうた
15. Like a Shooting Star
--MC--
16. ガンバレ乙女(笑)
--カーテンコール--

音楽ナタリーをフォロー