音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

山下達郎、高橋克典主演ドラマに新曲書き下ろし

245

山下達郎

山下達郎

山下達郎が4月30日(木)よりスタートするテレビ朝日系ドラマ「京都人情捜査ファイル」の主題歌を担当することが決定した。

「京都人情捜査ファイル」は高橋克典主演の警察ドラマ。京都を舞台に、実在する警察組織「犯罪被害者支援室」で奮闘する警察官たちの姿を描く。

以前映画「竜二Forever」での高橋の演技に感銘を受けた山下が、ラジオ局で偶然会った高橋に「映画、とてもよかったです」と自ら声をかけたことで面識を持った2人。今回、ドラマの制作チームからの熱いオファーによって山下が主題歌を歌うことが決まった。実際にドラマの舞台である京都を訪問して楽曲を制作したという山下は、高橋との初タッグについて「大好きな高橋克典さんが主役のドラマ。その主題歌を仰せつかり、とてもうれしく存じております。私が抱く克典さんのイメージを投影させて、少し憂いのあるメロディーになりました」とコメントしている。

山下達郎 コメント

私の大好きな高橋克典さんが主役のドラマ。その主題歌を仰せつかり、とてもうれしく存じております。私が抱く克典さんのイメージを投影させて、少し憂いのあるメロディーになりました。
ドラマをご覧の皆さまのお気に召していただければ幸いです。

高橋克典 コメント

山下達郎さんと言えば、妥協を許さず緻密に素敵な作品を作り続けている尊敬する素晴らしいアーティスト。
学生時代のある晴れた日、初めて達郎さんの新譜を発売日に手にし、
友だちの家に駆け込んでアナログ盤に針を落とした瞬間の、全身に鳥肌が立った感動を今も覚えています。
その達郎さんが主題歌を手掛けて下さると聞き、とても光栄に思います。
また曲のイメージが、闇の中の一筋の光、悲しみに温もりを与えるというドラマの内容そのもので、本当に嬉しく思っています。
以前に一度だけお会いしたことがありますが、会釈をして通り過ぎようと思っていたところを「高橋さん、映画良かったですよ」と声をかけてくださいました。
達郎さんのそのひとことは本当に嬉しかったです。今回は達郎さんが台本を読んでくださり、このドラマを思い描きながら楽曲を書き下ろしてくださった、とのこと。
この素敵な楽曲に教えられ、力をいただきながら皆様に楽しんでいただける作品になるよう頑張っていきたいと思います。

テレビ朝日系「京都人情捜査ファイル」

2015年4月30日(木)20:00~
※以降毎週木曜放送

音楽ナタリーをフォロー