音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

生駒も登場!乃木坂46秋元・生田・橋本、絆確かめ合った主演映画初日

340

左から秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未、山下敦弘監督。

左から秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未、山下敦弘監督。

本日12月6日に劇場公開初日を迎えた映画「超能力研究部の3人」の舞台挨拶が東京・シネマート新宿にて開催され、乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未と山下敦弘監督が登壇した。

この映画は乃木坂46の5thシングル「君の名は希望」のPVの劇中で行われた山下監督によるオーディションに合格した秋元、生田、橋本の3人が主演を務めた作品。大橋裕之のマンガ「シティライツ」を原作に主人公の女子高生3人が超能力研究に励む姿を描く「青春映画」パートと、役を演じる彼女たち自身の成長を描く「フェイクドキュメンタリー」パートという2つの要素が掛け合わされた内容で、3人はそれぞれの役柄に加えて本人役も演じた。

3人は役衣装のセーラー服姿でファンの前へ登場。司会者から紹介を受け、秋元は「朝起きると、いつもは『よし、(自分は)アイドルだ!』って感じるんですけど、今日は『女優だ!』って感じたので、ドキドキしながらやってきました」、生田は「観終えたあとの後味から分かってくることが多い映画なので、余韻を楽しんでください」、橋本は「私たち3人が主演ということでどれくらい人が来てくれるだろう? と不安でしたが、こんなに集まっていただいて安心しました」とそれぞれの言葉で挨拶した。

司会者との質疑応答では、超能力研究部の女子高生という役柄と本人役とではどちらが難しかったかを問われた秋元が「やはり(部員の)役を演じているときのほうが難しかったです。ただ、いくちゃんとぶつかるシーンは、もとからそんなに仲良くなかったんでやりやすかったです!」と答え会場が笑いとどよめきに包まれる一幕が。生田は秋元の肩を抱いて「そんなこと言っちゃダメだって! 仲いいでしょ、強がらないでよー」と訂正し、秋元は「この映画は皆さんをだます作品なので、今もちょっとずつだましていこうかなと思って」と笑顔を見せた。すると、2人のやりとりを見ていた橋本が「私も2人とは普段からそんなに仲良くないので……(笑)」とコメント。会場は爆笑に包まれ、秋元は「うそでしょ!?(笑)」、生田は「だめだめ、3人の絆は深いよ!(笑)」と笑いながら橋本の発言を否定した。

また“今だから山下監督に言いたいこと”があるか司会者に問われると、秋元は「現場ではアイドルらしい私を出せなかったんです。私、必殺技を持っているので、やってもいいですか?」と切り出し、山下監督のハートを撃ち抜くしぐさで「ずっきゅん!」と決めポーズ。一方橋本は「監督はたくさんの女優さんと接していますが、私たちにはほかの女優さんに感じないものはありましたか?」と問いかけ、山下監督は「だんだん乃木坂の3人に興味を持っていかれましたね。最初は3人を女優にしよう、こっち側に寄せようと思っていたけど、僕の方がアイドルである3人に寄っていった感じです」と答えた。

挨拶が終盤に差し掛かると、登壇者に向けたサプライズがあることが司会者から告げられる。3人が「え、何! ホントに聞いてない!」と周囲をきょろきょろと見回すと、スクリーンに生駒里奈からのビデオメッセージが映し出された。生駒は秋田と北海道・旭川での作品上映が新たに決まったことを3人に報告。これを聞いた旭川市出身の橋本は両手を挙げて喜び「北海道は札幌でしかやらないと思っていたので『親に観せられないなあ、DVD送ろう』と思ってたんですよ。うれしい。担任の先生にも教えよう! 生駒ちゃんも、地元の秋田では上映があるのか? って、ずっと気にしていてくれたんですよ」と笑顔を見せた。

およそ30分間の舞台挨拶は和やかなムードの中で終了。最後に秋元は「私はこの映画でキスシーンに初めて挑戦しました。どんな感じかな?って、ドキドキしながら観てほしいな」とコメント。生田は「この映画がきっかけで、お芝居への興味がもっと深まりました。自分たちを追いこんでくれた監督に感謝します」と山下監督に伝え、橋本は「どこがホントでどこがウソか、境界線があいまいな作品です。皆さんぜひだまされて、楽しんでもらいたいと思います」と観客へ呼びかけていた。

音楽ナタリーをフォロー