音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

サ上とロ吉“建設的”で完全復活、MACCHO激励

243

サイプレス上野とロベルト吉野

サイプレス上野とロベルト吉野

サイプレス上野とロベルト吉野が10月26日に神奈川・club Lizard YOKOHAMAにてイベント「サイプレス上野プレゼンツ『建設的』~HIPHOPミーツalグッド何か~」を開催した。

「建設的」はサイプレス上野が主催する恒例イベント。DJのロベルト吉野、そして“サイプレス上野とロベルト吉野”の「復活LIVE」と銘打たれたこの日は、STERUSS、NONKEY、ISOP、WATT a.k.a.ヨッテルブッテルら彼らの盟友とも呼べるアーティストたちが集結し、サ上とロ吉の復活を祝うべく熱いライブを繰り広げた。

上野の「行こうぜ、相棒」のかけ声からサ上とロ吉のライブはスタート。吉野のハードなスクラッチから始まる1曲目「ぶっかます」からマックスのテンションで「LIVE GOES ON」までを一気に駆け抜けた。「ちゅうぶらりん」後のMCで上野は「2人が1人になると今まで普通にやってきたことも全然うまくいかなくなって。まさに“ちゅうぶらりん”という感じでした」と吉野の休養によりさまざまな苦悩があったことを明かす。

また「ヨコハマシカ」ではMACCHO(OZROSAURUS)が登場。「みんな吉野を激励してくれ! 前から後ろから右から左から、吉野に向かって騒げー!」と大きなシャウトをプレゼントした。続く「マイク中毒 pt.3」でステージに立ったSTERUSSも「吉野、お帰り」と彼の復帰を温かく祝福した。

「しみったれた話は最後にしかしないと決めてました。WWWやShangri-Laでの『ドリーム』再現ライブや、yokohama Bay Hallでの10周年記念ライブも飛ばしちゃって。正直痛手だったけど、今日これだけのお客さんに待っててもらえてうれしいです。俺たちはまだまだいけるはずと思ってます。来年3月にアルバム出します。そしてその後にもう1回ここ、club Lizard YOKOHAMAを皮切りに全国を回るツアーをやります。仲間たちが活躍してるのを本当に悔しい思いで見てた、その思いを取り戻すから。だからみんな楽しみにしててください」と上野は語り、最後に「SELF PRE-SURE」をプレイして、サ上とロ吉復活祭ステージの幕を下ろした。

サイプレス上野プレゼンツ「建設的」~HIPHOPミーツalグッド何か~
10月26日 club Lizard YOKOHAMAセットリスト

01. ぶっかます
02. よっしゃっしゃっす〆
03. サ上とロ吉
04. LIVE GOES ON
05. ちゅうぶらりん
06. START LINE
07. レコードセット~MUSIC EXPRES$
08. NEXT EPISODE
09. ヨコハマシカ feat. MACCHO
10. マイク中毒 pt.3 逆feat. STERUSS
11. バウンス祭
12. ヒップホップ体操第二
13. SELF PRE-SURE

音楽ナタリーをフォロー