音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「IDOL NATION NEXT」で12組コラボ連発

231

「IDOL NATION NEXT」エンディングの様子。

「IDOL NATION NEXT」エンディングの様子。

a-nationのアイドルライブイベント「IDOL NATION NEXT」が8月14日に東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催された。

このイベントにはエイベックスのアイドル専門レーベル・iDOL Street所属のSUPER☆GiRLSCheeky ParadeGEMをはじめ、NEO from アイドリング!!!Dorothy Little Happyアップアップガールズ(仮)といったグループ12組が集結し、熱狂的なパフォーマンスを繰り広げた。また今回は一夜限りのコラボステージが企画され、前島亜美(SUPER☆GiRLS)、伊藤祐奈(NEO from アイドリング!!!)、高橋麻里(Dorothy Little Happy)による「おジャ魔女カーニバル」や、椎名ぴかりん、宮崎理奈(SUPER☆GiRLS)、古橋舞悠(NEO from アイドリング!!!)らによる「恋してYES!~これが私のアイドル道~」などが披露された。

オープニングにはDJ KOO(TRF)が登場し、まずは軽快なダンスミュージックでアイドルファンのテンションを上げ、会場をダンスフロアへと変えていく。そしてライブ序盤は椎名ぴかりん、iDOL Streetストリート生選抜、Prism☆Boxといったグループが熱いライブを展開。小・中学生が所属するPrism☆Boxの挨拶ではアイドルファンからの声援がひと際大きく飛び交った。

ライブ中盤からは人気、実力ともに折り紙つきのグループが続々と登場。NEO from アイドリング!!!は若いメンバーながら貫録あるパフォーマンスでiDOL Streetファンも熱狂させる。続いて現れたGEMは、新曲「Can't Stop Loving」を初披露し9月13日に東京・新宿BLAZEにて開催される初の単独ライブへの意気込みを語った。ここでシークレットになっていたグループとしてParty Rocketsが登場。「KASABUTA」を歌い上げた彼女たちは「この曲をSUPER☆GiRLSでがんばっている渡邉幸愛に届くように歌います」と、かつての仲間にエールを送りつつ「セツナソラ」を歌唱して大歓声に包まれた。

そしてライブ終盤にではチキパ、アプガ、スパガが全力パフォーマンスを繰り広げていく。チキパとアプガはそれぞれのライブのほかにコラボステージを実施。「BUNBUN NINE9'」「アッパーカット!」というお互いの楽曲をコラボして熱狂の渦を会場に生み出した。スパガは第2章幕開けの記念すべき楽曲「花道!ア~ンビシャス」からライブをスタートさせ、新曲「アッハッハ!~超絶爆笑音頭~」でオーディエンスをさらに盛り上げた。

イベントの大トリは、9月6日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて単独ライブを控えるDorothy Little Happy。バラード曲「STARTING OVER」からパフォーマンスを開始した彼女たちは、自分たちの世界観に引き込んだオーディエンスに向け1曲目とは真逆のポップナンバー「恋は走り出した」を届けて彼らの感情を爆発させる。そしてラストは彼女たちのキラーチューン「デモサヨナラ」を歌唱。オーディエンスとのコールアンドレスポンスによって会場は大きく震えた。

エンディングでは再びDJ KOOが登場。スパガの溝手るかリクエストの「survival dAnce ~no no cry more~」をフロアに届けてアイドルたちとの共演を果たし、大盛況のイベントを締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー