実力派JC&JK中心イベントで「テラスハウス」コラボも

85

ライブイベント「AFTER SCHOOL SWAG vol.1」が昨日6月26日、東京・VUENOSにて開催された。

キーシャ・コール「Love」を歌唱する「AFTER SCHOOL SWAG vol.1」出演者。

キーシャ・コール「Love」を歌唱する「AFTER SCHOOL SWAG vol.1」出演者。

大きなサイズで見る(全8件)

當山みれい

當山みれい

大きなサイズで見る(全8件)

JASMINE

JASMINE

大きなサイズで見る(全8件)

初開催となるこのイベントには学生でありながらも精力的に音楽活動を行い、実力派として注目されているMii(Dancing Dolls)、Little Glee Monster當山みれいLUHICAに加え、スペシャルゲストとしてJASMINE安田レイが参加。自身の楽曲やカバー曲などバラエティに富んだナンバーの数々を、生バンド演奏に乗せて次々と披露していった。

イベントのMCを務めたのは、フジテレビ系「テラスハウス」でもおなじみのお笑いコンビ・地球。オープニングでは同じく「テラスハウス」にも出演し、當山の担当A&Rを務める平澤遼子もトークに加わり、イベントを盛り上げた。そしてライブのトップバッターとしてステージに立ったのは、一般公募で決定した“オープンマイク”枠の女子中学生2人組「K▽sis」(ケーシス。▽はハートマーク)。広島からこのイベントのために上京した2人は、トークでは緊張した表情を見せつつも、いざ歌い始めると堂々とした歌声を会場中に響かせ大喝采を浴びた。

続くMiiはDancing Dollsで見せる等身大の姿とは異なる、憂いに満ちた表情でHY「366日」、久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」をしっとり歌い上げた。そして女子中高生6人組みのLittle Glee Monsterは絶妙なハーモニーと圧倒的な歌唱力で観客を魅了。年齢を感じさせない大人びたボーカルワークに対し、会場中から大きな拍手が送られた。さらにライブ中には同年代のレーベルメイト、當山を呼び込んで7人でディズニー映画「アラジン」でおなじみの「A Whole New World」とThe Beatlesの名曲「Yesterday」をアカペラで披露。息の合ったハーモニーに対し、フロア中が絶賛の拍手と声援に包まれた。

先日高校を無事卒業したと告げたLUHICAは、デビュー曲「独り言花」や資生堂「TSUBAKI」CMソング「君と踊ろう」に加え、自身も大好きだというアデル「Someone Like You」のカバーを歌唱。安田レイはバンド演奏をバックに歌うことの喜びを伝えつつ、ロック色の強い最新シングル「パスコード4854」などでフロアを煽った。

イベント前日の25日にCDデビューを果たしたばかりの當山は、力強い歌声とキレのあるダンスで観客の目を惹き付ける。またバラードナンバーでは繊細かつディープな声を響かせ、デビューしたばかりの新人とは思えないほどのパフォーマンスでフロアから喝采を浴びた。また「Fallin' Out」では「テラスハウス」に出演中のフランキーことフランセス・スィーヒと共演。ステージ上のスクリーンにフランキーが描くCGが映し出され、2人のコラボに客席からは拍手が送られた。

イベントもいよいよ佳境に突入。トリを飾るJASMINEはバラードナンバーからファンキーなダンスチューン、さらには久保田利伸「Missing」のカバーまで幅広い選曲でフロアを盛り上げる。また彼女はライブ中のMCで、9月17日に初のベストアルバム「PURE LOVE BEST」をリリースすることをアナウンスして観客を喜ばせた。JASMINEのステージが終わると、ステージ上にはK▽sisとLittle Glee Monsterの中学生メンバー3名を除く出演者が勢揃い。最後にキーシャ・コールのバラード「Love」を全員で熱唱し、3時間近くにわたるイベントを締めくくった。

この記事の画像(全8件)

関連記事

Dancing Dollsのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Dancing Dolls / Little Glee Monster / 當山みれい / LUHICA / JASMINE / 安田レイ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。