音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

THINK AGAINとSA、攻撃的パフォーマンスで観客を圧倒

390

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'14」が本日6月7日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催。この記事ではEVIL STAGEで行われたTHINK AGAIN、SAのライブの様子を紹介する。

THINK AGAIN

EVIL STAGE 3番手のTHINK AGAINはサウンドチェックからの流れで、そのままライブに突入。怒濤のハードコアナンバーの連発で観客を圧倒する。安藤竜(G, Vo)、加藤大(B, Vo)、陳祐一(Dr, Vo)は曲ごとに交代でボーカルを取り、ノイジーなサウンドとメッセージ性の強い歌詞、アグレッシブな叫びで独特の空気を作り上げていった。

曲間では陳が「まさか幕張メッセでライブするとは思わなかったです」とコメント。「STAY FREE」ではMEANINGのHAYATO(Vo, G)が飛び入りするサプライズもあり、彼らは全10曲30分のステージを完走した。

SA

続いてSAのメンバーがステージに登場すると、フロアからは大歓声が沸き起こる。大きなフラッグを掲げたTAISEI(Vo)の「幕張、かかってこいや!」の合図に続いて、バンドは王道パンクロックナンバー「YOUTH ON YOUR FEET」から勢いよくライブをスタートさせた。曲の合間にはメンバーと観客によるSAコールも起こる盛り上がり。TAISEIは「ガキも大人も一緒、14歳の気持ちでいきましょう!」と叫び、「サマー ホリディズ スカイ」で一体感を高めていく。

その後「GO BARMY KIDS」ではTAISEIの合図により観客同士で肩を組み、ラストナンバー「DELIGHT」で観客は揃って腕を左右に振る場面も。フロアが大きな興奮に包まれる中、SAのメンバーはステージをあとにした。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー