音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

OBLIVION DUST、思い出のAXに「グッバイ、サンキュー」

432

OBLIVION DUSTが5月11日、東京・SHIBUYA-AXで「SAYONARA SHIBUYA-AX」と題した単独ライブを行った。

5月末をもって14年におよぶ歴史に幕を下ろすSHIBUYA-AXは、OBLIVION DUSTにとって2007年9月に再結成ライブ、2011年2月の2年ぶりワンマンライブ、昨年12月25日のクリスマスライブなど数多くのメモリアル公演を行ってきた思い出の会場。彼らにとって正真正銘ラストのAXライブとなったこの日は、「Gateway」からライブをスタートさせるとフロアの熱気は早くも沸点に達した。2曲目「Sink The God」に突入すると、クラウドサーファーが続出。バンドはその後も攻撃的なサウンドと官能的なメロディを併せ持つ楽曲を連発した。

最初のMCではKEN LLOYD(Vo)が「SHIBUYA-AX、いい感じですね。でも、なんかおとなしい気がするんですけど。最後なので思い切り楽しみましょう!」と、観客をさらに煽る。K.A.Z(G)のエネルギッシュなギターリフからスタートした「GIRLIE BOY IMITATION #6」ではフロアがさらに熱を帯びていき、RIKIJI(B)はベースをショットガンのように構えて客席に向け、ニヤリと笑顔を見せる。そして「オブリが復活したのが、ここAX。次の曲はその復活の1曲目にやった曲です」というKENのMCに続いて、2011年2月のAX公演でオープニングに演奏したミディアムナンバー「YOUR YESTERDAY」で会場の空気を一変。いつも以上にエモーショナルな歌声を響かせたKENだったが、以降はより攻撃的なナンバーを立て続けに披露していった。

ライブ終盤にはダンスビートが心地よい「Haze」を筆頭に、「Never Ending」「24 Hour Buzz」「YOU」「DESIGNER FETUS」とアグレッシブなナンバーを次々に演奏。クラウドサーファーがフロアを縦横無尽に動き回る中、KENはラストナンバー「GOODBYE」を歌い終えると「グッバイ、サンキュー!」と叫んでステージをあとにした。

なおOBLIVION DUSTは7月後半から8月前半にかけて、全国5都市を回るライブツアー「Elements Tour 2014」を開催。昨年以上に精力的なライブ活動が続く彼らから、今後も目が離せそうにない。

OBLIVION DUST「SAYONARA SHIBUYA-AX」
2014年5月11日 SHIBUYA-AX セットリスト

01. Gateway
02. Sink The God
03. TRUST
04. NO REGRETS
05. Bed Of Roses
06. GIRLIE BOY IMITATION #6
07. YOUR YESTERDAY
08. DISAPPEAR [All Of You]
09. SELFISH
10. Microchipped
11. Sail Away
12. Remains
13. Haze
14. Never Ending
15. 24 Hour Buzz
16. YOU
17. DESIGNER FETUS
18. GOODBYE

OBLIVION DUST「Elements Tour 2014」

2014年7月19日(土)大阪府 umeda AKASO
2014年7月20日(日)愛知県 ElectricLadyLand
2014年7月26日(土)宮城県 darwin
2014年8月1日(金)福岡県 DRUM Be-1
2014年8月9日(土)東京都 TSUTAYA O-EAST

音楽ナタリーをフォロー