音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

やなぎなぎ、音と光と戯れる「エウアル」アンコールライブ

76

2月22日、やなぎなぎが東京・東京国際フォーラムホールCで「『エウアル』アンコールツアー」の最終公演を行った。

やなぎは昨秋、1stアルバム「エウアル」のリリースツアーを実施。各地で「本当」という曲から始まり「嘘」で終わるアルバムのトラックリストをなぞるセットリストのライブを行ってきた。1月下旬の札幌公演を皮切りに全国5カ所で実施された今回のアンコールツアーは、その逆バージョン。開演時ステージ最前に張られていた透過型スクリーンに1冊の本「エウアル」が映し出され、本が開くと、そこには「前回『嘘』で終わった物語」「再び『本当』までの道のりをご案内しましょう」との文字が。この言葉の通りライブは「エウアル」の収録曲順をさかのぼるかっこうで進行した。

煽り映像が終わると黒とグレーのツートンカラーのドレス姿のやなぎがバンドとともに登場。最前のスクリーンと、最奥のディスプレイに表示された歌詞が交錯するステージで「エウアル」のラストナンバーにして、この日のオープニングナンバー「嘘」を優しく歌い出す。その後はグリーンのレーザーが飛び交う中「ビードロ模様」をポップに歌ったかと思えば、シンプルなブルーの照明を背に「トランスルーセント」を、ステージセンターの彼女のもとに光の粒の輪が舞い降りてくる中「クオリア」をしっとりと披露。さらに「ストレンジアトラクター」などのアッパーチューンを連射するなど、幻想的な光と映像の演出と緩急自在のボーカルワークで客席を魅了していく。

続くMCでやなぎはツアー中、ノドへの負担を考え禁酒していたことを明かし「ライブが終わったら飲めるぞ」と客席の「おめでとう」コールと笑いを誘いつつカバーコーナーをスタート。「エウアル」初回限定盤同梱のカバーCDにも収録されたメロキュア「Agape」、石川智晶「アンインストール」、堀下さゆり「カゼノトオリミチ」を楽曲解説を交えつつパフォーマンスする。そして「カゼノトオリミチ」のアウトロが鳴り響く中、彼女はいったん退場。ステージ最前に再びスクリーンが降ろされ、アルバムアートワークにも登場した2人のやなぎと蝶のシルエットが映し出された。

そのスクリーンが上がると、ステージには大きなイーゼルに乗った絵本を背に、イスに腰掛けた白いドレス姿のやなぎが。彼女は手にした本を朗読し、続けてイスに座ったままアルバムとライブの折り返し地点となる1曲「エウアル」で美声を響かせる。以降やなぎは「Ambivalentidea」「concent」などアブストラクトな3曲で魅せながら、最後に宮川弾作編曲の「青のパレード」と、北川勝利作編曲の「ユキトキ」というアップリフティングで陽性なナンバーを2連発。大歓声の中、バンドメンバーとともにステージをあとにした。そしてステージ最前のスクリーンに再び本が映し出され「長らく旅してきたエウアルの世界はここでおしまいです」との文字が浮かび上がってきたところでライブ本編は終了した。

「エウアル」の旅を終えたやなぎがアンコール1曲目に選んだのは、今月リリースの新曲「三つ葉の結びめ」だ。ステージ最奥のディスプレイに投影されたPVを背に同曲を熱唱した彼女は、この日の会場ロビーにPVのセットが展示されていることを明かしたのち「ちょっとした宣伝を」とひと言。新海誠が監督を務めるZ会の受験生応援キャンペーンCMのテーマソング「クロスロード」を歌うことを発表し、大きく盛り上がる観客とともにその映像を鑑賞した。

さらに「特別に来てくださった方がいます」とストラトキャスターを手にした流歌を招き入れたやなぎは、流歌が「みんなと一緒に歌うために作った曲」と語る「You can count on me」を流歌本人、バンドメンバー、客席とともに大合唱。この日一番の盛り上がりを演出してみせる。そして「mnemonic」プレイ後、キーボーディストを残してバンドメンバーが退場すると、彼女は「本当に本当の最後の曲」にして「デビュー前に作って以来、すごく大切にしている曲」だと語る、バラード「深遠」をピアノをバックに高らかに歌い上げ、この日のライブとアンコールツアーを締めくくった。

なおやなぎがCMソングを歌うZ会のCMは明日2月25日と、翌26日の夜フジテレビ系で全国放送され、また25日よりYouTube、ニコニコ動画でも公開される。

やなぎなぎ「『エウアル』アンコールツアー」
2014年2月22日(土)東京都 東京国際フォーラムホールC セットリスト

01. 嘘
02. ビードロ模様
03. トランスルーセント
04. クオリア
05. ストレンジアトラクター
06. ラテラリティ
07. zoetrope
08. Agape
09. アンインストール
10. カゼノトオリミチ
11. euaru
12. Ambivalentidea
13. helvetica
14. concent
15. 青のパレード
16. ユキトキ
<アンコール>
17. 三つ葉の結びめ
18. You can count on me
19. mnemonic
20. 深遠

音楽ナタリーをフォロー