音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

くるり、ゆず、EXILE他の名曲が京急線ホームに響く

9

京浜急行線16駅の駅メロディ(列車接近案内音)がこの秋よりリニューアル。各駅にちなんだジャパニーズポップスや歌謡曲の名曲が多数起用されることとなった。

これは本日11月18日に、京急線羽田空港駅が開業10周年を迎えることを記念した企画の一環。京急線により親近感を持ってもらい、駅周辺地域のPRを促進する目的で、ご当地ソングや地元出身アーティスト・作曲家・作詞家による楽曲を駅メロディに起用することが決定。7月より沿線住民・利用客を対象にした曲の募集が行われ、それぞれの駅にちなんだ楽曲が選ばれた。

品川駅では京急のキャンペーンソングに起用され、現在も羽田空港駅の駅メロディとして愛されているくるりの「赤い電車」を使用。上大岡駅では地元出身のゆず「夏色」を使用する。また、金沢八景駅ではEXILEのリーダー・HIROの母校があることから、卒業をテーマとした彼らのナンバー「道」に決定。新逗子駅では地元で結成されたキマグレンの「LIFE」を使用する。

それぞれの駅メロディは、本日11月18日より羽田空港駅を皮切りに各駅で順次展開。京急を利用する際には、ホームに流れるメロディに耳を澄ませてみよう。

京急線 新・駅メロディ

品川:くるり「赤い電車」※羽田空港駅とは別アレンジ
青物横丁:島倉千代子「人生いろいろ」
立会川:「草競馬」
平和島:デューク・エイセス「いい湯だな」
京急蒲田:ラッツ&スター「夢で逢えたら」
羽田空港:くるり「赤い電車」
京急川崎:坂本九「上を向いて歩こう」
横浜:いしだあゆみ「ブルーライトヨコハマ」
上大岡:ゆず「夏色」
金沢文庫:小田和正「MY HOME TOWN」
金沢八景:EXILE「道」
新逗子:キマグレン「LIFE」
横須賀中央:山口百恵「横須賀ストーリー」
堀ノ内:渡辺真知子「かもめが翔んだ日」
浦賀:「ゴジラのテーマ」
京急久里浜:山口百恵・さだまさし「秋桜」
三崎口:山本コウタローとウィークエンド「岬めぐり」

音楽ナタリーをフォロー