音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ハロウィンにHYDE、K.A.Z、Gacktが仮装競艶

11

VAMPSが主催するハロウィンイベント「NIGHTMARE OF HALLOWEEN」が10月30日・31日の2日間にわたりZepp Tokyoで開催。VAMPS、MONORALが両日出演したほか、30日はTommy heavenly6、Acid Black Cherry、そして31日は土屋アンナBREAKERZがゲストとして参加した。

DAIGO(BREAKERZ)が司会を務めた31日、VAMPSはイベントのトリとしてステージに登場。墓場から死者が生き返ったという設定にもとづき、HYDEは血痕の付いたウェディングドレス姿、K.A.Zは映画「THE CROW」の主人公に扮してライブを行った。

アンコールでは、この日の出演者全員に加え30日に参加したyasu(Acid Black Cherry)を含めたスペシャルセッションを展開。さらに、最後には軍服姿のGacktがスペシャルゲストとして登場するサプライズもあった。

DAIGOのアナウンスに導かれ舞台に姿を現したGacktは、HYDEと熱い抱擁を交わすなど友情の深さをアピール。その後、HYDEがボーカル、K.A.Zがギター、そしてGacktがドラムを務め、モトリー・クルーの「SHOUT AT THE DEVIL」のカバーを披露した。

ボーカリストになる前はドラムを叩いていたというGacktだが、公の場でドラムを演奏したのは初めてのこと。各出演者の仮装姿でのパフォーマンスやサプライズもありと盛りだくさんな内容にファンは大満足。VAMPS主催イベントならではの豪華なハロウィンイベントは、熱狂のうちに幕を閉じた。

なお、VAMPSは2009年1月7日に全国Zeppツアー「VAMPS LIVE 2008」の模様を収録したライブDVD、春には2ndシングルをリリース。また、Gacktは12月3日にニューシングル「Jesus」を発表し、その後、約3年ぶりとなる全国ツアー「Gackt Live Tour 2008-2009 Requiem et Reminiscence II~再生と邂逅~」を開催する。

音楽ナタリーをフォロー