アピチャッポン×ティルダ・スウィントン「MEMORIA」が3月公開、舞台はコロンビア

2

326

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 87 226
  • 13 シェア

アピチャッポン・ウィーラセタクンの新作「MEMORIA メモリア」が、2022年3月4日に東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国で公開される。

「MEMORIA メモリア」

「MEMORIA メモリア」

大きなサイズで見る(全3件)

「MEMORIA メモリア」

「MEMORIA メモリア」[拡大]

第74回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した本作の舞台は、南米コロンビア。ある明け方、大きな爆発音に驚き目覚めたジェシカは、その日以来自分にしか聞こえない爆発音に悩まされるようになる。彼女は姉に会うためボゴタを訪れ、建設中のトンネルから発見された人骨を研究している考古学者のアグネスと親しくなり、発掘現場近くの町で魚の鱗取り職人エルナンと出会う。そして1日の終わりに、ジェシカは目が醒めるような感覚に襲われるのだった。

「MEMORIA メモリア」

「MEMORIA メモリア」[拡大]

ティルダ・スウィントンがジェシカを演じ、そのほかキャストにはジャンヌ・バリバールエルキン・ディアスダニエル・ヒメネス・カチョらが名を連ねた。今作にて初めて、タイ国外で作品を制作したウィーラセタクン。自身の体験をもとにしたという脚本は、スウィントンを念頭に当て書きを行っている。

北米では配信やソフトのリリース予定がなく、映画館のみで上映される本作。ウィーラセタクンは「この映画は映画館で観ることが非常に重要であり、唯一の方法かもしれないと思っています。観客1人ひとりに、暗闇を受け入れ、夢を見てもらいたいと思っています」と語った。

ジャパンプレミアは第34回東京国際映画祭(TIFF)で行われ、11月1日14時15分より東京・よみうりホールにて上映される。チケットは明日10月23日に発売。なお本作は第94回アカデミー賞国際長編映画賞コロンビア代表に選出された。

この記事の画像(全3件)

(c)Kick the Machine Films, Burning, Anna Sanders Films, Match Factory Productions, ZDF/Arte and Piano, 2021.

読者の反応

  • 2

よしぼう @bafkm

アピチャッポン×ティルダ・スウィントン「MEMORIA」が3月公開、舞台はコロンビア(監督コメントあり) https://t.co/cGFbrpY4Gb

コメントを読む(2件)

関連記事

アピチャッポン・ウィーラセタクンのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 MEMORIA メモリア / アピチャッポン・ウィーラセタクン / ティルダ・スウィントン / ジャンヌ・バリバール / エルキン・ディアス / ダニエル・ヒメネス・カチョ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。