映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

東京国際映画祭が華やかに開幕!山田洋次、チャン・ツィイー、広瀬アリスらに会場沸く

449

左から浅丘ルリ子、倍賞千恵子、山田洋次。

左から浅丘ルリ子、倍賞千恵子、山田洋次。

第32回東京国際映画祭のレッドカーペットイベントが本日10月28日、東京・六本木ヒルズアリーナで開催され、日本をはじめ世界各国の映画人たちが会場を彩った。

トップバッターとして現れたのは、第32回東京国際映画祭のフェスティバルミューズを務める広瀬アリス。「皆様が素敵な1本に出会えますように、そして映画がもっと身近なものになりますように。楽しんでください」と願いを込め、会場に集まった映画ファンを盛り上げる。

映画祭のオープニングを飾る「男はつらいよ お帰り 寅さん」からは監督の山田洋次、キャストの倍賞千恵子吉岡秀隆後藤久美子前田吟夏木マリ浅丘ルリ子が登場した。山田は「主役の渥美清さんが今ここにいないのは残念ですが、渥美さんは『僕も一緒にこの映画を作った』と言ってくださると思います」としみじみ。本映画祭に初参加の倍賞も「生前、“お兄さん”がよく『長い映画を撮り続けているようだ』と言っていました。私もそう思います。50年かけて『男はつらいよ』を撮り続け、やっとこの間クランクアップしたのかもしれません」と、主人公・寅次郎役の渥美に思いを馳せた。

特別上映作品「その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-」の小林直己EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、今市隆二(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、佐野玲於GENERATIONS from EXILE TRIBE)らが姿を見せると、ひときわ大きなファンの歓声が響き渡る。同じく特別上映作品「《シネマ歌舞伎》女殺油地獄」の松本幸四郎がステージ上で見得を切り、観客を沸かせる場面も。

特別招待作品からは「HUMAN LOST 人間失格」の宮野真守や花澤香菜、「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」の役所広司、「殺さない彼と死なない彼女」の間宮祥太朗桜井日奈子恒松祐里堀田真由箭内夢菜ゆうたろう、「NO SMOKING」の細野晴臣水原希子水原佑果、「ひとよ」の佐藤健鈴木亮平松岡茉優らが参加し、ファンとの交流を楽しんだ。細野は50年に及ぶ自身の音楽人生を追った「NO SMOKING」の上映にあたり、「この映画は僕の思惑にない事態でした。50周年というのは自分ではコントロールできないですね。ぜひお楽しみください」とユニークにコメントする。

また特別招待作品「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の主演・のんは「私の中でとても大切な作品。たくさんの方に観ていただける機会ができてうれしいです」とほほえむ。片渕須直は「実は映画はまだ未完成で。今晩このあと編集して、完成する予定です。楽しみにしていてください」と呼びかけた。

海外からも特別招待作品「アースクエイクバード」のアリシア・ヴィキャンデル、CROSSCUT ASIA「フォックストロット・シックス」のオカ・アンタラ、アジアの未来「ファストフード店の住人」のアーロン・クォックら多数のゲストが来日。コンペティション部門で審査委員長を務める女優のチャン・ツィイーは「コンバンハ! 最高の映画祭になることを祈っています」と晴れやかな笑顔で述べた。

第32回東京国際映画祭は東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかで11月5日まで開催。

映画ナタリーをフォロー