映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

日スポ大賞作品賞「あゝ、荒野」の岸善幸、菅田将暉&ヤン・イクチュンに感謝

354

左からユースケ・サンタマリア、岸善幸、瀬々敬久。

左からユースケ・サンタマリア、岸善幸、瀬々敬久。

本日12月28日、東京都内にて第30回日刊スポーツ映画大賞の表彰式が開催され、作品賞に輝いた「あゝ、荒野」の監督・岸善幸が登壇した。

寺山修司による長編小説を、菅田将暉とヤン・イクチュン主演の2部作で映画化した「あゝ、荒野」。岸は「5時間を超える作品なので、観てもらえるのかと思っていたのですが、こうして素晴らしい賞をいただきやってよかったなと感じています」と喜びのコメント。さらに「核としたのはボクシングですが、とにかく熱く、魂溢れる作品にしようと思いました」と作品について語る。本作のために菅田は10kgの増量、ヤン・イクチュンは10kgの減量に挑んだことから、「菅田さんは途中酸欠状態になりながら体を作ってくれました。ヤン・イクチュンさんは腱を痛めて思い切りパンチが打てませんでしたが、なんとか情熱を注いでいただき、仕上げることができました」とキャストへ感謝を述べる。またこの表彰式の会場が東京・ホテルニューオータニだったことから、「実は昔、ニューオータニで皿洗いをしておりまして。当時は脚本を書きながら自主映画を作っていたのですが、まさかこうしてニューオータニで料理をいただけるとは」と明かして笑いを起こした。

ステージには昨年「64-ロクヨン-」で作品賞に輝いた瀬々敬久がプレゼンターとして登場し、「何より挑戦的だったのがよかったと思う」とコメント。また「あゝ、荒野」キャストのユースケ・サンタマリアも花束を持って駆け付け、「監督はカットをかけないんです。最初はムカついてたんですけど、だんだん『これはカットがかかるまでやるんだな』と思えてきて。そういう演出法だったので、随所ですごくリアルな芝居があります。生々しいところは、だいたいカットがかからなかったところですね。役と本人が混じり合ったような感じになるんです」と現場を振り返った。

また表彰式には、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」で監督賞に輝いた石井裕也も登壇。最果タヒの同名詩集の世界観をもとにした本作の受賞を受け、石井は「大変うれしく思い、励みになります。悩みは尽きませんが、もっといい映画を作っていけるようがんばりたい」とスピーチする。プレゼンターとして登場した同作主演の池松壮亮は「石井さんとはけっこう長いこといろいろとやってきたんですが、大きなリスクを背負ってこういう映画を一緒にやれたことをうれしく思います」と話す。また司会から、「次回作の構想はありますか?」と聞かれた石井は、「あるんですけど、言えません」と答えて笑いを誘った。

映画ナタリーではこのあとも引き続き、表彰式の模様をレポートする。

映画ナタリーをフォロー